gibunレポート

講座やイベントの実施報告や、「技文農園」の様子をレポートします。

RSSリーダーで購読する


▼アイコンをクリック▼ ジャンル毎に記事をご覧になれます。
会館技文農園匠くらしキャリアしごと
レポート全記事を表示する



会館□■□技文便り□■□”Vol.19”館長より 2013/4/10

『「育つ」は「巣立つ」』

不思議な夢を見ました。

ずいぶん前に他界されて以来、
思い出すこともなく忘れていた
新入社員時代の直属の上司が
夢の中に現れました。

偶然にも夢を見たその日は、
28年前に配属された日と同じ
4月1日の月曜日だったのも驚きでした。

上司の口癖は
「何処へ行っても通用する人間になれ」
「自分を高め磨くことを忘れるな」
「給料はサラリーでなく自分の価値への対価だ」
でした。
組織内であっても個人で生きていくことの大切さを
常に説き、実践していた方でした。

そんな上司がかっこよくて、大好きで、
皆が尊敬していました。
私のビジネスマンとしてのベースは、
彼が創ってくれました。

元々、私は洋服職人の息子でしたが、
一人親方の家業に嫌気がさし、跡を継がずに進学。
組織で生きることを選択しました。

今になって思えば、そんな私が彼の部下になり、
個人で生きていくことの大切さを説かれたのは、
不思議なご縁としか言いようがありません。

以来私は、組織の中で偉くなるより、
世の中に通用する自分の価値は何か?を
常に追い求めてきたように思います。
ビジネスの職人のように。

上司が亡くなる1か月ほど前、見舞いに行った時の事。
私をまじまじと見ながら、
「お前は俺が育てたんだよな~」と、
絞り出すような声でしたが、
満足気にかけていただいた言葉が今でも忘れません。

そうです、私は貴方に育てられたからこそ、
今、ここにいるのです。

“育つ”という言葉は、“巣立つ”とも言い
ひとり立ちできるまで助け導く、意味があるそうです。

夢に現れた上司は、もしかすると、
「ひとり立ちするまで目を離すなよ」との
メッセージだったのか、、、

4月1日は、
過去と未来が行き来する日かも知れません。

「Nさん。分かりました。貴方と同じように、
 ひとり立ちするまで助け導きます!」

皆さま、当館スタッフの「育つ」にご期待ください。

平成25年 清明

― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ―

館長メッセージが掲載されている
メールマガジン『技文便り』の【登録はこちら】



関連タグ:


ページ上部へ戻る

みんなのキッチン 小泉麹屋 横浜醤油 岩井の胡麻油 馬車道商店街 三本コーヒー株式会社 美濃屋あられ製造本舗

横浜市ホームページへ→ http://www.city.yokohama.lg.jp/