gibunレポート

講座やイベントの実施報告や、「技文農園」の様子をレポートします。

RSSリーダーで購読する


▼アイコンをクリック▼ ジャンル毎に記事をご覧になれます。
会館技文農園匠くらしキャリアしごと
レポート全記事を表示する



会館□■□技文便り□■□”Vol.31”館長より 2013/10/10

『不思議な体験』

市民の皆さま
いつも当館をご利用いただきありがとうございます。

私ごとで恐縮ですが、先日、亡き父の法要で帰省しました。

お経をあげていただいた和尚さんは、
父の生まれ故郷にあるお寺さんのご住職で、
私も祖父の葬儀で初めてお会いしてから、
40年間お付き合いさせていただいています。

その間、祖父母、親戚、父の法要で幾度となく
和尚さんのお経を聴く機会がありましたが、
今回の法要だけは勝手が違っていました。

何か、身体の調子が悪いのか、喉に変調をきたしたのか、
念仏を唱えるのに大変苦労しているようでした。
法要に参列した親戚も、同様に感じたのか、
「どうしたんだろう?」との雰囲気が漂いました。

法要後、いつもの和尚さんの挨拶が始まりました。
開口一番。
「皆さん、すんません。今日は声が出ませんでした。
 こんなことは48年間の住職経験で初めてです。
 実は、、、」と以下のような話をされました。

仏さんを供養させていただく時はいつも、
その方を念じながら念仏を唱えるのだそうですが、
今回だけは、いつにも増して亡き父を身近に
感じてしまい、声が出なくなった、と。

また、念仏を唱えるご住職自身の在り方についても
触れられ、歳を重ねるごとに、木々の年輪の如き、
念仏を唱えている自らの感じ方(体感)が変化していく
のを感じていたそうです。

和尚さんのお話を聞きながら、もしかすると今回の体感は、
ご住職の積み重なった48年もの経験と相まって、
まさに“感極まった”のではないか、と感じました。

住職という職業は、まさに職人の世界です。
私たち素人や門外漢の者では、その深遠さを
推し測り得るものではないと思います。

しかしながら、経験と生きる年月を積み重ねる
ことによって磨かれるものとは、
技のみならず、その人自身。

常に、人の生死に直面する宿命。
決して感情をあらわすことなく、
ひたすらに念仏を唱えることを業しながらも、
磨かれる人間性とは、喜怒哀楽のある「素」
「あるがま」の自分自身に還ることでは、と。

皆さんはどうお感じになられますか?

平成25年 寒露

― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ―

館長メッセージが掲載されている
メールマガジン『技文便り』の【登録はこちら】



関連タグ:


ページ上部へ戻る

みんなのキッチン 小泉麹屋 横浜醤油 岩井の胡麻油 馬車道商店街 三本コーヒー株式会社 美濃屋あられ製造本舗

横浜市ホームページへ→ http://www.city.yokohama.lg.jp/