gibunレポート

講座やイベントの実施報告や、「技文農園」の様子をレポートします。

RSSリーダーで購読する


▼アイコンをクリック▼ ジャンル毎に記事をご覧になれます。
会館技文農園匠くらしキャリアしごと
レポート全記事を表示する



会館□■□技文便り□■□”Vol.46”館長より 2014/5/25

『有難さ』

市民のみなさま、
いつも当館をご利用いただきありがとうございます。

先日、私が講師を務める講座
「こころとカラダの健康クラブ」を開催しました。
新しいお客さまとも出会え、
とても楽しいひと時を過ごせました。

私が健康に興味を持ったのには、理由があります。
それを、失ったからです。

以前も書きましたが、4年前の大病により、
毎日の薬と数カ月に一度の通院が生涯続きます。
失って初めてその大切さが分かったのです。

以来、出来る限り薬に頼らない元の健康的な生活にと、
探究が続きました。
そこで得た情報や知識、自分の身体を通じた体験を
講座ではお話しします。

同時に、この探究を通じて身に染みたことは、
“当り前の奇跡”であり、大切さです。

私たちは、当り前のように、
日々食べたい時に3食を食べています。
お金さえ出せば、海外含め殆どの食材や料理を
当り前のように楽しむことができます。
子供の頃、母親から聞かされた戦時中の食糧不足など、
夢物語のようです。
また、病気や怪我にならなければ、健康は当たり前、
と信じがちです。

しかし、気づいたのは、この「当たり前の日常」、
「当たり前の健康」への無頓着、無関心が、
結局は「当たり前を損ねる最大の理由」だった
ということです。

「吾唯足知(われただたるをしる)」

枯山水で有名な京都龍安寺の蹲踞(つくばい*)に
記されている言葉です。
*茶室には入る前に手や口を清める手水を
 張っておく石

失ったものは元には戻りません。
失う前に、有ることに感謝するからこそ、
大切にできる。

健康でいることの奇跡。
当り前こそが、ありがたい(有難い)=奇跡。
それを知ることが、
健康への第一歩でないか、と思う次第です。

平成26年 小満

― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ―

◆館長メッセージが掲載されている
メールマガジン『技文便り』の【登録はこちら】

◆館長の気まぐれ講座シリーズ
元気を応援!「こころとカラダの健康クラブ」の【お申込はこちら】

◆館長が下記サイトでコラム連載を開始!
「ビジネス健康放談 ~良食への道 」
・【第1回】酵素の力(前段)~生食(ナマショク)を食べよう~
・【第2回】酵素の力(後段)~グリーンスムージー&酵素シロップの秘密~



関連タグ:


ページ上部へ戻る

みんなのキッチン 小泉麹屋 横浜醤油 岩井の胡麻油 馬車道商店街 三本コーヒー株式会社 美濃屋あられ製造本舗

横浜市ホームページへ→ http://www.city.yokohama.lg.jp/