gibunレポート

講座やイベントの実施報告や、「技文農園」の様子をレポートします。

RSSリーダーで購読する


▼アイコンをクリック▼ ジャンル毎に記事をご覧になれます。
会館技文農園匠くらしキャリアしごと
レポート全記事を表示する



会館□■□技文便り□■□”Vol.84”館長より 2017/3/10

館長より『原動力』

みなさまにはいつも当館をご利用いただき、誠にありがとうございます。

啓蟄が過ぎ、一雨ごとに春を感じます。
朝晩はまだ空気が冷たく感じることもありますが、
昼間には春を感じる陽射しや空気になってきました。

昨年のメルマガで、
「まさに啓蟄は動き出す頃なんだな、と落とし込んだこの頃でした。」と
書いておりましたが、今年も同様に動き出しています。

このひと月は、4月からの講座やイベント企画に追われていました。
私たちは
「手づくり ものづくり 人づくり」をコンセプトとしており、
●匠の学校、横浜マイスター塾は「地域の職人・プロに学ぶ」
●キャリアの学校は「役立つ力を身につける」
●くらしの学校は「働く人がこころ豊かに」
を前提に企画しています。

その結果、ご参加いただいた皆さまに
「知らないことをたくさん学べた」「親切・丁寧に指導いただけた」
「美味しかった」「楽しかった」「また参加したい」
という多くのお声をいただいています。
また、お声の中には、改善を希望されるご要望もあります。
できかねることもありますが、出来る限り改善に努めるよう考えますし、
何より皆さまの声は、私たちの原動力になっています。

現在、貸室ご利用の皆さまにはアンケートを
実施させていただいています。
ご協力いただき、私たちの原動力に繋げていただけると
嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします。

次回は春先の生き生きとした頃、清明となります。
新年度スタートとなり、新しい講座も始まりますし、
4月8日(土)には「手づくり市」も開催いたします。
多くの方にご来館いただき、「技文ってなんかいい♪」と
感じていただけると、原動力の好循環となります。

花粉も盛んに動いていますが、みなさまにはご自愛いただき、
桜の頃、またお便りさせていただきます。

平成29年 啓蟄
横浜市技能文化会館館長 山口亜紀



関連タグ:

会館□■□技文便り□■□”Vol.83”館長より 2017/2/10

◆館長より 『書初め』★☆★

立春が過ぎ、余寒のこの頃は三寒四温を繰り返しながら
春に向かう空気を感じます。

みなさまにはいつも当館をご利用いただき
誠にありがとうございます。

メルマガやブログ、フェイスブック等でもご案内させていただきましたが、
1月のひと月は匠プラザで「書初めコーナー」を設置していました。
設置は4年目となり、今年は初めて「賞」を設けることにしました。
スタッフで選びましたので発表させていただきます。

●館長賞「笑」

 いろいろな「笑」があると思いますが、微笑んで過ごし、
 1日一度くらいは、ゲラゲラ笑いたいものです(笑)
 「笑う門には福来たる」
 今年も笑顔で皆さまをお迎えしたいと思います。
 
●スタッフ賞「愛」
  
 「愛」と書かれた方が最も多かったです。
 ちなみに、会館関係者がいらした時に書初めをお勧めしたら
その方はすかさず「愛」と書いていらっしゃいました。
 その愛らしい姿に、じんわりきました。

●ユニーク賞「チェロチェロ」
 
 オーディオルームをご利用された方でしょうか。
 チェロの音色は、重みと深みがあって心落ち着く音色です。
 「チェロ」と2回書いたら、コミカルで楽しい表現です。

ほかにもステキな言葉ははたくさんありましたし、
習字の手本のように美しい文字を書かれた方もいらっしゃいました。
墨の香りと、一言で表すシンプルさは、なんとも心落ち着くものです。
多くの方にご参加いただき、有難く思っております。

上記の賞の文字を書かれた方は、ぜひお申し出いただきたく
お待ちしています。

一雨ごとに春になってまいりますが、
寒暖差の日々ですのでご自愛ください。
次回、啓蟄の頃にまたお便りさせていただきます。

平成29年 立春
横浜市技能文化会館館長 山口亜紀



関連タグ:

会館□■□技文便り□■□”Vol.82”館長より 2017/1/8

館長より『新年の言葉』

松の内も過ぎ、寒の内となりました。
雨天が心配された成人の日も雨があがり、若い方々の華やかな
晴れ着姿に初々しさを感じたのは昨日のことです。

今年の年末年始も横浜では晴天が続き穏やかでしたが、
皆さまはどのような新年をお迎えになりましたでしょうか。

私は日頃サボり気味の家事に追われ、慌ただしく暮れ、
瞬く間に明けましたが、連休をいただきリフレッシュしました。
久しぶりに友人達に会い、新聞をじっくり読み、ぼんやりとテレビ鑑賞
でしたが、今年に入り印象に残った言葉があります。

・新聞掲載されていた企業経営者の言葉
グローバル化の時代に大切なことは
「アイデンティティーを失わず、多様性を受入れること」
・尊敬する大先輩との会話の中から
「損して得取れ」
・仕事始めにひいたおみくじより
「努力第一」

どの言葉も大きく頷く言葉です。
ことあるごとに繰り返し、胸に刻むであろう言葉でした。

話は変わり、年末最終日に当館正面玄関のガラスドアが破損する
ということが起きました。
ご利用の皆さまには新年早々、お見苦しいお出迎えとなり
大変申し訳なく思っております。くれぐれもご注意ください。
また、匠プラザでは1月中「書初めコーナー」を設置しています。
普段触れることのない墨の香りや筆は、なんとなくシャンとした
気持ちになります。
ご自由にご利用いただき、心落ち着くひと時をお過ごしください。

face bookはこちら

スタッフ一同、みなさまのご来館を心よりお待ちしています。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

平成29年 小寒
横浜市技能文化会館館長 山口亜紀



関連タグ:


ページ上部へ戻る

みんなのキッチン 小泉麹屋 横浜醤油 岩井の胡麻油 馬車道商店街 三本コーヒー株式会社 美濃屋あられ製造本舗

横浜市ホームページへ→ http://www.city.yokohama.lg.jp/