その他の講座

  • 初冬の陶芸クラブ

    初心者から経験者まで一人ひとりのペースに応じて楽しめる教室です。

    初心者から経験者まで一人ひとりのペースに応じて楽しめる教室です。                                      

    初心者の方は、湯呑作りからスタートし、                                           

    お好きなものを自由にお作りいただけることが特徴です。

    作陶は適度な緊張感と土の感触を楽しみ、癒し効果も期待できます♪               

    関内駅前にして会館内に安全・キレイな仕上がりの「電気窯を持ち、

    素焼き・本焼き・窯出しまで体験できることも大きな魅力です。

    オリジナル作品づくりを楽しんでみませんか?

    講座チラシ【くらし】2021年度初冬の陶芸1-3(表裏面)[PDF:1.09MB]

    当館の新型コロナウイルス感染症対策についてお読みください

    自主事業における感染症予防対策について[PDF:771KB]

     

    開催日時
    • ①~⑧セット ※キャンセル待ち 申込む
    • ③~⑧セット ※キャンセル待ち 申込む
    定員 12 名
    受講料 ①~⑧ セット22,000円 ③~⑧セット16,500円
    場所 6階 602工芸研修室
    講師 小高 嘉照氏
    備考

    【内容】

    ①2021年10月20日(水) 自由製作

    ②2021年10月27日(水) 自由製作

    ③2021年11月  3日(水) 自由製作

    ④2021年11月17日(水) 自由製作

    ⑤2021年11月24日(水) 自由製作

    ⑥2021年12月  1日(水) 素焼き

    ⑦2021年12月15日(水) 釉薬・本焼き

    ⑧2021年12月17日(金) 窯出し

    ※最終日のみ金曜日

    ※②③④⑤⑦は16時から開場しています。

    【持ち物】

    タオル・エプロン・汚れてもいい服装、マスク着用 

     

  • 二十四節気で楽しむ季節の移ろい

    季節感のある暮らしで心豊かに

    季節の訪れは、私たちの暮らしに喜びをもたらしてくれます。

    二十四節気や七十二候を巡り、四季折々の歳時記、

    そして背景に広がる日本ならではの心豊かな暮らしをご紹介します。

    歳時記に関わりのある和歌や古典文学にも心を寄せてみましょう。

    時代背景や人物像を改めて知ると面白いですよ!

    映像資料を交えながら、講師オリジナルのテキストで

    毎月1回、和文化を楽しく学びます。

    【くらし】10月~3月日程 二十四節気で楽しむ季節の移ろい[PDF:828KB]

    感染症予防対策について[PDF:771KB]

    開催日時
    • 2021年10月2日(土) 13:30~15:30 申込む
    • 2021年11月6日(土) 13:30~15:30 申込む
    • 2021年12月4日(土) 13:30~15:30 申込む
    • 2022年1月8日(土) 13:30~15:30 申込む
    • 2022年2月5日 13:30~15:30 申込む
    • 2022年3月5日(土) 13:30~15:30 申込む
    • ☆セット申込 (10月~3月分) 申込む
    定員 10 名
    受講料 2700 円 (テキスト代込み)
    場所 ※開催日により会場が異なります。下記備考欄をご確認ください。
    講師 加藤 澄江 日本文化講師、マナー研修講師
    備考

    【持ち物】

    筆記用具

    【会場について】
    ※開催日により会場が異なりますのでご注意ください。
    10月2日(土)・・・6階603研修室
    11月6日(土)・・・7階702会議室
    12月4日(土)・・・6階603研修室
    1月8日(土)・・・5階特別会議室
    2月5日(土)・・・5階特別会議室
    3月5日(土)・・・5階特別会議室

     

  • 和の装いを学ぶ きもの教室 〈10月~3月〉

    月に1度のきもの時間

    補整の仕方からはじめ、

    道具を使わない手結びの着付けを学びます。

    気軽に毎月1回の教室で、自分ひとりで着物を着れるようになりませんか。

    はじめは難しくても、繰り返し練習するうちに上手に着れるようになり

    楽しみが広がります。

    着物は持っているけれど、着物の知識がないから・・とためらわず

    ぜひご参加ください。初心者の方も歓迎です。

     

    講座チラシ【くらし】きもの教室(表裏)[PDF:933KB]

    当館の新型コロナウイルス感染症対策についてお読みください

    自主事業における感染症予防対策について[PDF:771KB]

    開催日時
    • ①~⑥セット【①10/23 ②11/20 ③12/11 ④1/15 ⑤2/12 ⑥3/12 ※いずれも土曜】 13:00~15:30 申込む
    • ①~③セット【①10/23 ②11/20 ③12/11 ※いずれも土曜】 13:00~15:30 申込む
    定員 6 名
    受講料 各回3,300円
    場所 7階 和室
    講師 岩立 かほる氏 全国技能士会連合会着付けマイスター
    備考

    お申込みは①~③、または①~⑥セット

    毎回帯結びを含めた着付けを予定しています!④~⑥の回はきものの知識を学ぶ内容が加わります。

    ①2021年10月23日(土) 13:00~15:30

    ②2021年11月20日(土) 13:00~15:30

    ③2021年12月11日(土) 13:00~15:30

    ④2022年1月15日(土) 13:00~15:30

    ⑤2022年2月12日(土) 13:00~15:30

    ⑥2022年3月12日(土) 13:00~15:30

    【持ち物】

    きもの、長襦袢、肌襦袢、裾よけ、名古屋帯、衿芯、腰ひも6本、伊達締め2本

    きものクリップ(洗濯ばさみ)、コーリンベルト、フェイスタオル4本、帯板、帯揚げ、帯枕、足袋

     

     

  • 金継ぎ教室 霜月 kintsugi

    本漆を使った本格的講座

    思い出深いものや使い慣れたものなど大切な品を修理して使い続ける
    ことができ金継ぎの技法で新たに趣きのある品に生まれ変わります。
    本漆を使った本格的な修理により直した後も再び食器として安全に
    お使いいただけます。

    金継ぎとは割れや欠けヒビの入った陶磁器を漆を使って
    接着し金で装飾して仕上げる修復技法です。
    特有の材料、道具は全てご用意します。個人用の道具
    もお渡ししお持ち帰りいただけます。
    工程は独自のテキストを用い、金継ぎの歴史から材料と
    道具の名前や使い方まで、わかりやすく指導します。
    特色は一人ひとりに合わせてわかりやすく、少人数制で
    初心者の方も経験者の方も安心して学べます。
    完成まで全5回であわてずに、ゆっくりと確実な作業を
    心がけ講師と相談しながら進めていきます。

    講座チラシ:金継ぎ教室 霜月[PDF:2.99MB]

    感染症予防対策について:感染症予防対策[PDF:771KB]
    ※感染症予防のため定員を変更する場合がございますのでご承知おきください。

    開催日時
    • 2021年11月20日(土)、11月27日(土)、12月4日(土)、12月12日(日)、12月19日(日)全5回13:30~16:00※本講座の受講経験がある方 ※キャンセル待ち 申込む
    • 2021年11月20日(土)、11月27日(土)、12月4日(土)、12月12日(日)、12月19日(日)全5回13:30~16:00 ※キャンセル待ち 申込む
    定員 12 名
    受講料 全5回で27,000円(テキスト、個人用道具、共用品一式、器保管料、材料費込(純金消粉0.2g含))、本講座の受講経験のある方全5回で22,000円(テキスト、共用品一式、器保管料、材料費込(純金消粉0.2g含)※個人用道具をお持ちください)
    場所 6階 工芸研修室
    講師 川端吉太郎氏 Web Shop 山笑堂
    備考

    【必ずお読みください】

    本漆の使用についての注意

    ★本講座は本漆を使用しますのでかぶれ易い方はご注意ください。

    ・漆かぶれ予防のため、ゴム手袋をご用意致します。
    ・肌につかなくとも、体質や体調によっては、かぶれる場合があります。

     講座中に起きる事象につきましては、当館では責任を負いかねますのでご了承ください。

    材料について

    受講料の中に、純金消粉0.2gが含まれていますが、修理内容によって材料を購入して頂く場合があります。

    持ち物

    エプロン(汚れてもいい服装)、筆記用具、最終日に器お持ち帰り用のタッパー

    割れ、もしくは欠けのあるご自分で直したい器を二点(陶器でも磁器でも良い)

    ・・・欠けの場合は1㎝~2㎝四方以内 割れの場合は中皿(20㎝以内)、2~3片止まり