■□技文便り□■□”Vol.97”館長より 2018/4/10

公開日 2018/04/12

◆◇館長より『期初と畳』◆◇
みなさまには当館をご利用いただき、誠にありがとうございます。

例年より早い桜の便りは、天候に恵まれ思いのほか長い期間、
花を愉しむことができました。
節気は「清明」となり、その字の通りすべてのものが清らかで
生き生きする頃であり、清々しく明るい空気に満ちるといいます。
大通り公園の木々も新緑の眩しさでいっぱいです。

例年、期末と期初は慌しく過ごしていますが、今年は例年以上でした。
そのわけは「貸室情報」でご確認ください。

そんな中ですが、今号の技能職紹介として
「稲目畳店」様を訪ねてまいりました。
詳細は「技文レポート」に記載いたしましたので御覧ください。
https://gibun.jp/report/2018031700019/

作業されている姿やお話を聞いて印象的だったことは
・とにかく力持ち!
・手入れの行き届いた道具と仕事の早さ!
・器用さ!
でした。真っ直ぐな畳をスパンッ!と早く真っ直ぐに切り、
力を入れて太い針で縫っていく姿は、スカッ!と気持ち良いものでした。

当館7階和室の畳も○年ぶりに張り替えました。
和室は、お着物で利用される方や、体操など体を動かす方も多く、
ささくれがお召し物についてしまうのではないか・・・
と気になっていたのです。
年初に座布団を新調し、座布団にもささくれが付いていることがあり、
いよいよ張替えなくては!と思った次第です。
いざ!と思ったら、和室のご利用が多く、メンテナンスの時間がとれません。
そこで、お世話になっている横浜畳組合様にご相談です。
月1日の休館日を利用して、無事張替えができました。

イグサや糸にも色々な種類があることを知りましたが、
当館の畳は、昔ながらの藁床、麻糸を使用しふっくらとした
イグサの畳表で良い香りがしています。
新緑の季節に新しい畳で、和んでいただければ嬉しく思います。

次回のお便りは早いもので立夏の頃です。
5月9日(水)~11日(金)は馬車道でマルシェに参加しています。
馬車道歩道の花たちも美しく、風薫る季節ですので、
お散歩がてらお運びいただけますと幸いです。


平成30年 清明
横浜市技能文化会館館長 山口亜紀