技文便り「館長より」

『技文便り』では、横浜市技能文化会館の最新ニュースをお伝えしています。
当館の講座/セミナー/イベント/催し等の情報をお届け致します。

メール配信登録はこちらから


【E-mail】gibun-ml@os.tempstaff.jp


件名(標題)に『技文便り希望』と明記の上、メールをご送付ください。
パソコンまたはスマートフォンのメールアドレスでのご登録をお勧めしています。

  • □■□技文便り□■□”Vol.131”館長より 2021/1/11

    寒中お見舞い申し上げます。
    寒の内となり、朝晩は痛いように冷たい空気の日が続いています。
    それでも、全国から見れば横浜は暖かく過ごしやすいようです。
    冬晴れの空は美しいですが、空気の乾燥が心配ですね。
     
    新型コロナウイルスの感染拡大も止まりませんし、
    例年ですとインフルエンザや風邪の時期です。
    暖かくして体を休めることと、体の中から温まるような食が大切と思います。
     
    毎年、仕事始めの日は職場メンバーと近くの横浜弁天様に参拝していました。
    今年は、少しゆっくりと3日目に一人で御札の返納に行きました。
    例年ですと、企業様ごとの団体の姿を見かけていましたが、今年は個人の方が
    ぽつぽつと参拝されている印象です。
    これもしっとりしていた良いものだなぁ、と思い
    じっくりと昨年の御礼と新年のお願いに手を合わせました。
    新しい御札を求めようとしたところ、手持ち金が少なく(新年早々準備不足・・・)
    例年より一回り小さな御札にしました。
    これはこれで愛らしく、新たな年はコンパクトながらギュッとしっかり
    詰まった運営を行いたいと改めて思いました。
    ちなみに、「家内安全」と「商売繁盛」を一札づつ。
    家内(会社なので「課内」?)安全であれば商売も繁盛していくだろうとの思いです。
    また、おみくじも引きましたが、なんと「大吉!」でした!
    油断せず努力を惜しまず、、、、、諸々怠らなければ、吉運に向かうとのお言葉でした。
    昨年、一昨年と「丁寧」がポイントでしたが、今年も「丁寧」に過ごすことのようです。
     
    ・・・はい。
     
    ということで、緊急事態から始まった今年ですが、
    油断せず、努力を怠らず、日々丁寧に過ごすことで
    安全、安心な会館運営に努めてまいりたいと思います!
    拙い新年のご挨拶になりましたが、本年も何卒よろしくお願い申し上げます。
     
    皆さまには緊急事態中、寒中でございますので、
    くれぐれもご自愛のうえ、お過ごしくださいませ。
     
    令和3年 小寒
    横浜市技能文化会館 山口亜紀
     

「館長より」バックナンバー