【講座レポート】 2019/1/26(土) 清水マイスターの家庭で愉しむフランス料理2019年01月28日

西洋料理の横浜マイスターである清水郁夫さんに教えていただく、
料理教室を開講しました。

毎回、当館料理室がライブ感溢れるダイナミックな厨房になる印象です。
今回のメニューは、帆立貝のポワレと赤ピーマンのスープ。
鮮やかで元気いっぱいの赤パプリカや、肉厚でプリプリッの帆立貝を
ご用意いただき、デモンストレーションの開始です!

まずは、野菜を切ります。
マイスターの正確かつスピード感溢れる包丁捌きに息をのむほどです。
切る、炒める、焼く、など、次々と進めていきます。
いつも思うのですが、素晴らしく早い手際で、作業が美しいのです。
そして、調理台が常に整理されています。

道具や材料を置く場所が決まっていて、迷いがありません。
プロ中のプロ!を肌で実感します。
そして、目に美しく、舌に美味しく、心に響くお料理が出来上がりました。

ご好評いただいている「横浜マイスター塾」や「匠の学校」は
その道のプロに身近に教えて教えていただける貴重な機会として
今後も開催してまいります。次回もお愉しみに!

【講座レポート】 2018/12/8(土) 和の小物づくり~巾着袋~2018年12月25日

水守マイスターによる初めての小物づくり講座です。
前回の「帯のリフォーム講座」で、
水守マイスターがさりげなく持っていた信玄袋(もちろんマイスターの手づくり)が
素敵だったので、巾着袋を作る講座をやってみたら、という話で盛り上がり
和の小物づくり講座を開催することになりました。
今回は帯の講座ではないけれど、巾着袋を作りながら水守マイスターの仕事を
多くの方に知っていただきたいという思いがありました。

水守マイスターが事前に準備された生地の組み合わせを
巾着袋に仕立てていきます。
マイスターのこだわりで、講座であっても良い生地を揃えていただきました。
絞り留袖縮緬大島紬、貴重な木綿など
柄の配置や色合わせはマイスターらしい粋な組み合わせです。
裏布も凝っていて細部まで配慮されているのは
プロの仕事を感じるところです。

どれも素敵で、選ぶ時からワクワクして楽しい。
触ってみると、手触りが気持ちよくてうっとりします。
ミシンで縫っていくのは初めは緊張しますが、
きちんとアイロンがけされた正絹はなめらかに針が進み
意外と苦労することなく仕立てていくことができました。

プロが作ったようにはいかないけれど
少しのゆがみもご愛嬌。
自分で作ったものだから、気兼ねなく使えるのが良いところです。
素敵なものができたと皆さん大変喜ばれていました。

マイスターが使っている道具、アイロンのかけ方
針の打ち方など、段差がでないような工夫など
講座も中でもプロの丁寧な仕事を垣間見ることができ
時々で気持ちが締まる思いがしました。

次は帯作りに挑戦したい!という声もありましたので
また企画したいと思います。

平成30年12月8日開講

第21回横浜マイスターまつりが開催されました。2018年11月15日

11月11日の日曜日に『第21回横浜マイスターまつり』が開催されました。

今年は特別ゲストとして、ラジオパーソナリティの高嶋秀武氏をお招きし、

トークショーが行われました。

笑いを誘うトークに大賑わいでした。

 

造園の荒川マイスターによる黒松の剪定実演です。

荒川マイスターいわく、「左右対称の松は飽きが早い!」とのこと。

 

花卉装飾の小泉マイスターは、今回生花をお持ちいただきました。

その場で壁掛け型のフラワーアレンジメントを作っていただけました。

 

体験教室では、大人も子供もそろって熱心に指導を受けていました。

素敵な作品はできたでしょうか。

  

 

展示コーナーで技能披露してくださるマイスターもいらっしゃいます。

作品が出来上がっていく様子に目が釘付けです。

和竿師の早坂マイスターのブースでは、男の子が張り付いて見学していました。

 

 

帯やスカーフや板金など、どれも素敵で目移りしてしまいます。

職人の方と直にお話しながら購入できるのも、マイスターまつりの魅力です。

大工さんのまな板は、その場で鉋がけをして仕上げてくれました。

  

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

また来年の開催をお待ちください。

 

平成30年11月11日開催