■□技文便り□■□”Vol.121”館長より 2020/03/14

公開日 2020/03/14

◆◇館長より◆◇
季節は啓蟄となり、一雨ごとに春の空気になってきました。
最高気温20℃になる日もある中、本日は雪が降ってまいりました。
春は変化の大きい季節ですが、今年は新型コロナウィルス感染症の拡大という
不安を抱え、季節の移ろいを愉しむ気持ちの余裕には少し欠ける印象です。
とは言え、こんな時だからこそ予想外の降雪や早いであろう桜の開花を
自然に受け止めていきたいと思います。
さて、当館も31日(火)まで休館期間の延長となりました。
毎年3月は年度替わりの式典や節目の会合等で多くの方にご利用いただいて
おりますが、先週、今週と「ご利用中止」のご連絡をさせていただいております。
皆さまには、ご不便をおかけし大変申し訳ございません。
毎月の休館日は建物のメンテナンスやスタッフの情報共有の日としていますが
今回は、ほぼひと月が休館日となる初めての体験です。
まずは、皆様へのご連絡、これからは利用料金ご返還の手順検討を進め、
3月中に周知出来るよう努めてまいります。
また、折角の機会と思い、日頃出来ずにいることを行いたいと考えていますし、
休館の間にエレベータ工事も完了いたしました。
ピンク色の扉のエレベータの中は、明るくなった印象です。 
工事中は皆さまに大変ご迷惑をおかけしましたが、皆様のご理解・ご協力に
感謝いたします。
しばらく静かな会館ですが、来月以降、皆さまにご来館いただけることを願い
まずは、毎日手洗い・うがいをキチンと行い、明るく皆さまをお迎えできるよう
スタッフ一同、内外を整えていきたいと思います。
次回、お便りの頃は清明の時期です。
花粉症の方はお辛い時期がしばらく続きますが、ご自愛ください。
令和2年 啓蟄
横浜市技能文化会館館長 山口亜紀