技文レポート

くらし会館【技文レポート】2024年5月25日「男の料理教室」2024年05月30日

「男の料理教室」2回目)のレシピは中華

みずみずしいお野菜に

表面に光沢があり、見るからに新鮮で美味しそうなお肉

どのように変身するかな?・・・・・・

   

●1品目 人参のナムル● 

常備していることの多い人参。栄養満点の人参。

沖縄では一家に一台シリシリ器で人参を皮ごとシリシリ。

シンプルながらも風味豊かで人参の自然な甘さとごま油の香ばしさに

すりごまが加わり、どんな料理とも合わせやすいかと思います。

 

    かんたん激うま!やみつき!

●二品目 中華スープ●

具材は青梗菜、生黒きくらげ、卵

乾燥きくらげでもOK。しかし、肉厚感が生きくらげの方が

食感が良いそうです。

卵がふわふわになるポイント・・・

水溶き片栗粉でとろみをつけてから

溶き卵を入れるとふわっふわっになります。

   短時間であっという間に完成!

●三品目 チンジャオロース(青椒肉絲)●

ピーマン(青椒)、肉、筍などの食材を細切りにし炒めた料理ですが、

今回はパプリカ赤をプラスしました。

日本ではお肉は牛肉を使用することが多いですが、

中国では豚肉を使用するそうです。

ポイント・・・ピーマン、筍もシャキシャキとした食感が楽しめるように

短時間で炒めるのがGOOD。

   色どりもよくおいしそう~

で・き・あ・が・り( ^ω^)・・・

スタッフもいただきました\(^o^)/人参ナムルはやみつきです。あと10皿は食べられました。

中華スープ・・・ふわっトロふわっ、とっても優しいスープでした。

チンジャオロース・・・もう最高!ご飯がすすむ!すすむ!

美味しかった~。ごちそうさまでした。  

みなさま、お疲れ様でした。

次回(3回目)は鶏肉のチーズパン粉焼き・グリーンサラダ・ミネストローネです。

会館【技文レポート】初夏の坪庭2024年05月25日

5月になり横浜ではバラの季節となりました。

日本大通公園内でも、色とりどりのバラが目を楽しませてくれます。

当館の坪庭も、季節に合わせて大きく姿を変えました。

 

中央に咲く目立つ花はカラーです。

切り花ではよく見ますが、こうやって植わっているところは初めて見ました。

赤紫の大きな花、太い茎、流れるような葉はどれも存在感があります。

その後ろには薄いピンク色のゴデチアが咲いています。

こちらの花も大きいですが、ひらひらと風にそよぐ花びらは透明感があり

チュールのスカートのような繊細さ。

 

坪庭の右側手前は、サンクエール金魚草でボリュームがあります。

サンクエールは2か月ほど植わっていると思うのですが、暖かくなって急成長しました。

白い小さな花がワッと満開になっており、なんだか迫力があります。

 

他にも色鮮やかな葉をもつヒューケラや、

花の時期は終わってしまいましたがエニシダなど、葉っぱも元気いっぱいです。

初夏は葉の色もみずみずしくてきれいですよね。

 

小さな庭ですが、本当にたくさんの植物が植えられています。

ご興味のある方は、ネームプレートで名前を確かめてみてください。

技文便り「館長より」□■□gibun&しごと通信□■□”Vol.75”館長より 2024/5/252024年05月25日

季節は「小満」になりました。
陽気がよくなり草木も成長し、田植えの準備を始める頃です。
最近は陽気が良すぎて、夏?と思う日が続いています。
今年は「高温、多湿、多雨」の長い夏のようです。

最近は、「事業報告」資料を作成する日々でした。
なかなか骨の折れる作業ですが、
1年間を振り返り、自分達が何をしてきたか、
何ができなかったかを整理し、次に繋げるための時間と思っています。
しばらくしますと、横浜市のHPにも掲載されますので、
よろしければ御覧になってみてください。
あれ? そうだったの? 知らなかった。と言うことも多々あると思います。
ちなみに、5月中に人気の高い701.702.703の室内椅子を交換しています。
お気づきでしょうか?

「小満」には秋に撒いた麦の穂が付く頃で安心し「少し満足する」
という意味もあるようです。
事業報告で少し満足し、夏のイベント(匠の小学校)に向けて歩を進める
時期です。長く暑い夏にバテないように、少しずつ頑張りたいと思います。

それでは、次回、夏至の頃、またお便りさせていただきます。

令和6年小満 山口亜紀