技文レポート

くらし10/25(金)【くらしの学校】小泉麹屋の手作り高級味噌と醤油こうじ 開講!2013年10月25日

昨シーズンご好評いただいた味噌づくり。
再び、杜氏であり味噌ソムリエでもある
小泉講師の指導のもと、
味噌づくり教室を開講しました!



ポイントは今の季節に合った
大豆、麹、塩を配合していただけること。
生き物である麹菌が、
よく育つように、と今回は
まずは大豆を潰します。
汗をかきます。


麹と塩を合わせ、混ぜます。
続いて潰した大豆と合わせ、
混ぜます。
また汗をかきます。


いい具合に混ざったら、
容器に詰めます。
あとは熟成を持ちます。
単純作業ですが、
一所懸命混ぜ合わせることで、
愛着が湧いてくるから不思議です。


半年前に当講座で作った
味噌の試食をしていただきました。
皆さん、美味しい~っ、と。
きっと自分で作った味噌のお味は
格別です!
皆さんの味噌も
美味しく育ちますように!


当講座は12131にも開講予定ですが、
12月は満席となりました。
12月の申込ができなかった、
作り足りない、
10月、12月に作るものと味くらべしてみたい!
などなど、
今シーズン最後の味噌づくりの
お申し込みをお待ちしています!

お申し込みは【こちら】

農園10/24(木)秋から冬へ、台風の多い今年の農園ですが…2013年10月24日

大型台風26号は
10年に1度という大きさで、
伊豆大島では
大変な土砂災害となりました。
※現在も27号・28号と台風が続発しています。


技文農園もこの台風で壊滅的打撃を
受けてしまいました。
ビルとビルの間にあるため
秒速30mという暴風が吹き付けたようで、
なにもかも、引きちぎられ、
なぎ倒されてしまいました。


実は、農園内にある
駐車場の大きな看板も落ちてしまい、
丈夫な鉄製の園芸用ポールも
あっさり曲がってしまうという、
猛威を見せつけられました。


●唐辛子
台風前に収穫してしまいました。
今年は、ここで手仕舞いです。
出来た実は乾燥させて鷹の爪にします。


●サツマイモ
ここでも弦が台風で
引きちぎられたかのように
なってしまいました。


廻りの建物との位置関係により、
季節の進展とともに陽当たりが悪くなり、
芋が大きくなる
9月~10月の実質的な日照時間が
短かったためか、雨が多すぎたのか、
いまひとつ大きく育っていません。
楽しみにしていたのに少し残念です。
太陽の恵みの大きさを感じます。


●きいちご
落ちてしまった駐車場の
看板の下に「きいちご」があります。
6月頃に大きな実をつけていましたが、
9月の終わりから10月にかけ再び実がなり、
赤いものがチラホラあります。
実の数は多いのですが、
6月の時に比べかなり小粒になっています。
理由はわかりません。
これも、風のため
枝が大きく折れてしまいました。

今年のシーズンは、
ここまでとして暫らく土を休ませます。

しごと10/22(火)今週末『10/26(土)第4回合同就職面接会』が開催されます!2013年10月22日

いよいよ、今週末10/26(土)に
横浜しごと支援センター主催
「第4回合同就職面接会」が開催されます!
横浜市および神奈川県内を中心とした、
幅広い業種の企業29社が
出展予定となっています。

当日は面接会のほか、
同じ2階で「応募書類の作成」
「面接突破の極意」のセミナーも開催します。
また個別の就労相談にも応じます。

詳細・出展企業情報は【こちら】



ご参加される皆さまにとっては、
出展企業様と直接お話ができる
絶好の機会となります。

是非この機会をご利用いただき、
いち早い就労に繋げてください。

会館10/21(月)匠プラザ内で、畳職人の手づくりグッズ販売中!2013年10月21日

当館 1階の匠プラザ内にある、
常設販売コーナー”Petit技文市”にて、
畳職人の手づくりの品物を販売しております!




・防臭・除湿効果抜群!
 国産イ草の良い香りが漂う上質のゴザ
・丈夫な畳のヘリを使用し非常に軽い!
 和風デザインのトートバック
・畳の美しさが際立つ!花瓶敷き
などなど、
一度匠プラザ内にお立ち寄りいただき、
ぜひご覧ください!



また、横浜発の味を広めたいと、
・岩井の胡麻油
・美濃屋あられ製造本舗
・横浜醤油
などの商品を扱っております。
それだけでなく、
当館で定期的に”かつおぶし”講座実施している
・にんべん
自然・安全な食をお届けしている
・自由人
などなど、さまざまな商品を取り揃えて、
皆さまをお待ちしております。

10/20(日)雨天決行!「第34回よこはま技能まつり」開催2013年10月20日

雨風の激しい1日の中、
横浜公園では、
第34回よこはま技能まつりが
開催されました!


出店団体のみなさまも、
1年に1度の「お祭り」を楽しみに、
ご準備されていたのですが、
あいにくのお天気で残念がっておられました。

各テントでは販売品を購入される方や、
各種体験をされる方が来場されました。


『せめて午後からは雨足が弱くなれば・・・』
という願いも空しく
雨ばかりの1日となりましたが、
当館出店ブース内の飲食スペース
(雨のために、急遽スペースを作成)には、
暖かい食べ物で暖をとろうと
多くのお客様にお越しいただきました。

本当にありがとうございます。


私たちは「手づくり」にこだわり、
前々日から料理の仕込みをして、
この日に向けて準備をしておりました。

会館の料理室で作ったおでんや
お餅を多くのお客様にお買い上げいただき、
「美味しい!」という笑顔と、
お声をいただけることが、
なによりも嬉しく思いました。


今回は、手づくりの
「温かい(*´▽`)ノノおでん」
「温かい(*´▽`)ノノぜんざい」
「温かい(*´▽`)ノノ焼き餅」
「美味しい( ゜v^ ) たこ焼き」
をご用意しました。


ご来場いただく、
多くのお客さまに喜んでいただけるように、
来年は好天を願って、また頑張ろうと、
スタッフ一同意気込んでおります。
来年も、
皆さんのご来場をお待ちしております!

くらし10/12(土)【くらしの学校】館長の「良質な食生活のススメ②」を開講2013年10月12日



今回も全力で臨む館長です!
とっても緊張するそうです。
(そうは見えませんが・・・)
数年前に大病を患った経験から、
「良質な食生活」に目覚めた館長。
その実体験をもとに、こだわりの
食生活をエネルギッシュにスピード感
をもってご紹介します。




おもてなし好きの館長から、
あれやこれやの試食のサプライズも!
密かな人気講座になりつつあります。
ぜひ、みなさんも館長ワールドを
体験してみてください。

次回は12月7日(土)を予定しています。
みなさんのお申し込みお待ちしています!
お申し込みは【こちら】

くらし【くらしの学校】10/12(土)男の料理教室①開講しました!2013年10月12日

1年ぶりの開講となった「男の料理教室」
前回も今回も館内のチラシの減り方が
ダントツに早いっ。お問い合わせも多いっ!
講座なのです。開けてみると・・・
初心者の方から料理好きの方まで
いらっしゃいました。

まずはお米を砥ぐ、炊く。
そして、出汁をとる、味噌汁をつくる。
の基礎から始まった男の料理①ですが、
今後は②麺類③和食④洋食⑤中華
⑥パーティーメニューと一通りの
メニューを体験していただきます!


★料理の基本がわかった
★とても楽しかった ★気楽に楽しめた
と、みなさん楽しんでいただけたようです。
お好きな回だけの参加も歓迎です!
意外とハマるのが料理です。
程よい達成感と満足感、味わってみましょう♪
男子、厨房に入りましょう!
※女性のご参加も歓迎です。



次回は11月16日(土)14:00~16:00です。
②麺類(パスタ)を予定しています。
お申し込みは【こちら】


技文便り「館長より」会館□■□技文便り□■□”Vol.31”館長より 2013/10/102013年10月10日

『不思議な体験』

市民の皆さま
いつも当館をご利用いただきありがとうございます。

私ごとで恐縮ですが、先日、亡き父の法要で帰省しました。

お経をあげていただいた和尚さんは、
父の生まれ故郷にあるお寺さんのご住職で、
私も祖父の葬儀で初めてお会いしてから、
40年間お付き合いさせていただいています。

その間、祖父母、親戚、父の法要で幾度となく
和尚さんのお経を聴く機会がありましたが、
今回の法要だけは勝手が違っていました。

何か、身体の調子が悪いのか、喉に変調をきたしたのか、
念仏を唱えるのに大変苦労しているようでした。
法要に参列した親戚も、同様に感じたのか、
「どうしたんだろう?」との雰囲気が漂いました。

法要後、いつもの和尚さんの挨拶が始まりました。
開口一番。
「皆さん、すんません。今日は声が出ませんでした。
 こんなことは48年間の住職経験で初めてです。
 実は、、、」と以下のような話をされました。

仏さんを供養させていただく時はいつも、
その方を念じながら念仏を唱えるのだそうですが、
今回だけは、いつにも増して亡き父を身近に
感じてしまい、声が出なくなった、と。

また、念仏を唱えるご住職自身の在り方についても
触れられ、歳を重ねるごとに、木々の年輪の如き、
念仏を唱えている自らの感じ方(体感)が変化していく
のを感じていたそうです。

和尚さんのお話を聞きながら、もしかすると今回の体感は、
ご住職の積み重なった48年もの経験と相まって、
まさに“感極まった”のではないか、と感じました。

住職という職業は、まさに職人の世界です。
私たち素人や門外漢の者では、その深遠さを
推し測り得るものではないと思います。

しかしながら、経験と生きる年月を積み重ねる
ことによって磨かれるものとは、
技のみならず、その人自身。

常に、人の生死に直面する宿命。
決して感情をあらわすことなく、
ひたすらに念仏を唱えることを業しながらも、
磨かれる人間性とは、喜怒哀楽のある「素」
「あるがま」の自分自身に還ることでは、と。

皆さんはどうお感じになられますか?

平成25年 寒露

― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ―

館長メッセージが掲載されている
メールマガジン『技文便り』の【登録はこちら】

会館10/6(日)館内のトイレ表示を新しくしました。2013年10月06日

10月に入り、夕方、
会館前の大通り公園通ると
聴こえてくる虫の声も一層大きくなりました。
会館内におりましても、
お客様の素敵な秋の装いに
季節を感じております。
当館ではお客様に快適にご利用頂けるよう、
館内のトイレ表示を新しくしました。
各階にはトイレの他にも授乳室も
御用意しております。


地下1階:オーディオルーム前
  1階:エレベーターホール前
    ◆多目的トイレあり
  2階:ホール脇廊下
    ◆多目的トイレあり
  3階:エレベーターホール前
  4階:エレベーターホール前
    ◆授乳室あり
     (ご利用の際は
      受付までお申し付け下さい)
  5階:エレベーターホール前
    ◆多目的トイレあり
  6階:エレベーターホール前
  7階:エレベーターホール前
  8階:エレベーターホール前

どうぞ、ご利用ください。

くらし9/28(土)【くらしの学校】そば打ち教室を開催しました!2013年09月28日

毎回大人気の「そば打ち教室」
こねる、のす、切る、茹でる、食べる
のシンプルな工程ですが、
スピード感が命です!



先生はさらさらとこなしますが、
実際にやってみるとその難しさが解ります。
中々同じようにはできません。


そば好きの皆さんも、
そば打ちに興味がある皆さんも、
一度体験してみてください!



楽しくて、美味しい!そば打ち教室、
次回は旬を味わう「新そば」となります。
11月30日(土)開講です!
お申し込みは【こちら】

9/28(土)【匠の学校】洋裁のプロから教わる「チュニックづくり」を開催2013年09月28日

素敵なのにカンタン!を
コンセプトに、初心者から上級者まで
洋裁が好きな方に
ご参加いただいた
「チュニックづくり」です。


使い慣れた裁縫道具や、
しつけなどの針仕事、
ミシン目を見る真剣な眼差しを
拝見していると、
みなさん手仕事がお好きなんだなぁ、
「好き」って素晴らしい!
と感じます。



ミシンの使い方から、裁縫の仕方まで、
毎回、先生方が丁寧で優しいと評判です。



次回は未定ですが、
年一回(9月を目途)に開講予定です。
皆さまのご参加をお待ちしています!



技文便り「館長より」会館□■□技文便り□■□”Vol.30”館長より 2013/9/252013年09月25日

『「こころ豊か」であること(その2)』

市民の皆さま、
いつも当館をご利用いただきありがとうございます。

過ごしやすい季節になりました。
秋と言えば、
スポーツ、文化、芸術、食、読書、ファッションなど
文化・教養的な“匂い”を感じます。

英語の文化(Culture)の語源は、
ラテン語のCorere(耕す)からきており、
その本来の意味合いは“こころ耕す”こと
だそうです。

前々号メルマガでご紹介した応用スポーツ心理学は、
『心の機嫌のいい状態、心豊かな状態こそが
 最高のパフォーマンスを引き出す』 ことを
明らかにしました。

パフォーマンスを、スポーツのみならず
私たち人間の営み全てとすると、
心の機嫌がいい状態で生きることが
真に豊かであることが分かります。
文化的生活とは、心を耕し、心を豊かにし
人生そのものを肥沃にすることだと言えます。

では、“こころ耕す”とはどういうでしょう?

「感動すること」「愛すること」
「応援すること」「感謝すること」
「喜ぶこと」「ワクワクすること」
「分かってあげること」「分かち合うこと」
「面白がること」「笑うこと」 などなど

サッカーに一生懸命な息子の応援団である私は、
このように感じました。

日々のどんなに小さなことにでも
“こころ耕す”ことができる。
それは、豊かな人生への第一歩かもしれません。

当館では、皆さまと私たちの“こころ耕す”場として、
秋の会館講座とイベントをご用意しました。
【講座はこちら】

皆さまとの新たな出会いを心待ちにしております。

平成25年 秋分

― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ―

館長メッセージが掲載されている
メールマガジン『技文便り』の【登録はこちら】

会館9/21(土)技文フリーマーケット&手づくり市を開催しました!2013年09月21日

回数を重ねるごとに、
繰り返しご参加・ご来場者が、
増えている『技文フリーマーケット』。
第4回目となる今回は、
9/21(土)に開催いたしました。


タイトルに、
『技文フリーマーケット&手づくり市』
と表し、
手づくり品を販売するエリアと、
リサイクル品を販売するエリアに、
ブースを分けて開催いたしました。

手づくり品を販売するエリアでは、
多種多様な品物が陳列されており、
来場者の皆さんの目をひいていました。

当日は、当館前の大通り公園で、
陶器市も開催されており、
陶器市と共に
当館のフリーマーケット&手づくり市を
楽しんでいかれる
お客さまもいらっしゃいました。


各ブースは、
限られたスペースを工夫して、
いろいろな形で
使用されていました。
この自由度もフリマの醍醐味です。


今回のフリーマーケットは、
以下2社に協賛をいただきました。

神奈川ドライビングスクール
楽天株式会社
今回のフリーマーケットの概要は【こちら】

次回は、2014/3/21(金・祝)の
開催を予定しております!
※”出店者募集”など詳細は、
  およそ1ヶ月前に、
  当館HPなどで告知いたします。

皆さんのご参加をお待ちしております。

くらし9/12(木)【くらしの学校】「岩井の胡麻油」教室を開催しました!2013年09月12日

満員御礼の「胡麻と胡麻油を学ぶ会」
横浜発!老舗中の老舗
岩井の胡麻油(株)」の岩井社長から
胡麻と胡麻油にまつわる
さまざまなお話を聞くことができます。


胡麻は一粒で1本に育ちます。
丁寧に焙煎した胡麻油は
香りもお味も本当に素晴らしいです。



岩井の胡麻油は
当館1階匠プラザでも販売しています。
詳細は【こちら】へ



当館の販売において、
「ねり胡麻」は人気ナンバー1商品です。

次回の「胡麻と胡麻油を学ぶ会」は
1月以降に予定しています。
皆さんのご参加をお待ちしております。


会館当館講座10~12月ラインナップが出揃いました!2013年09月11日

大変おまたせいたしました!
当館10~12月の期間に行われる
講座のラインナップが出揃いました!
各学校の新ラインナップをご紹介します。

 ◆匠の学校
・クリーニング屋さんか教わる
 「プロの染み抜き」

 ◆くらしの学校
・初心者歓迎!
 「男の料理教室」女性の参加も歓迎します
・横浜発!小泉麹屋
 「手づくり高級味噌と醤油こうじ/塩こうじ」
・横浜発!杉田・梅塾流
 「おせち料理教室」
・正しい補整と名古屋帯の結び方を学ぶ
 「着物着付け教室」

 ◆キャリアの学校
[パソコン講座]
・学んだ知識で資格を取得!
 「Excel MOS試験対策講座」
・パソコンを使って簡単画像整理・活用術!
 「パソコン画像活用術講座」

皆さまのお申込みをお待ちしております!

技文便り「館長より」会館□■□技文便り□■□”Vol.29”館長より 2013/9/102013年09月10日

『こころに残るもの』

2020年オリンピック東京招致に沸く日本。
市民の皆さまには、
いつも当館をご利用いただきありがとうございます。

先日、夏休みの終わりに『匠の小学校』を開催しました。
会館開設史上ギネス(であろう)述べ1000名以上の
親子連れの皆さんに、ご参加いただきました。

当日は、当方の運営体制のまずさから多くのお客さまを
お待たせするなど課題も明るみに出ました。
用意周到であったハズですが、“想定外”でした。

想定外は、嬉しい成果も生みました。
未来を担う500人を超える子供達に、様々なものづくりの
体験をしていただくことができました。

この場を借りて、深くお詫びと感謝を申し上げます。

「百聞は一見に如かず」という諺がありますが、
その先の行(くだり)があります。
「百聞は一見に如かず。百見は一行に如かず」です。

聞いたり見たりするより、やること以上に伝わることはない。
習うより慣れろ、でしょうか。

かの相対性理論でノーベル賞を受賞したA.アインシュタインは、
「教育とは、学校で習ったすべてのことを忘れてしまった後に、
 自分の中に残るものをいう。」
と言ったそうです。

知識や情報とは異なり、体験を通じた感覚(体感)は
ずーっと“あの感じ”として、こころに残る気がします。
洋服の仕立て職人の息子であった私には、
 ミシンのガタガタする音
 ハサミで生地を切るサクサクした音
 アイロンで仕立てる独特の匂い
が、今もって思い出されます。

職人さんの技を伝える『匠の小学校』は「体験」から
学びます。
未来を担う子供たちに、少しでも“あの感じ”として
ずーっと残りますように。
今回の試みを顧みながら、新たな体験の可能性に
チャレンジしていきます。

引き続き、ご支援ください。

平成25年 白露

― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ―

館長メッセージが掲載されている
メールマガジン『技文便り』の【登録はこちら】

会館9/6(金)8月も終わり・・秋の気配が近づいてきました2013年09月06日

8月の夏休み親子イベントや浴衣Dayが終わり、
暑さもだいぶ和らいできました。
秋になっても、
当館ではイベントや講座が目白押しです。
10月以降の講座も着々とホームページや、
館内に掲示されていきますので、
皆さま楽しみにお待ちください。

<10月以降実施講座>
 匠の学校
 くらしの学校
 キャリアの学校
 就労支援・労働実務セミナー


 ※今後も順次講座は追加掲載されていきます。


9/21(土) 技文フリーマーケット&手づくり市
10/20(日)第34回よこはま技能まつり
10/26(土) 第4回合同就職面接会

 

 

 


皆さまのご来館を、
心よりお待ちしています。

 

 

会館9/1(日)当館の今夏の暑さ対策をご紹介いたします! 2013年09月01日

今夏は厳しい暑さにもかかわらず、
当館をご利用頂き、ありがとうございます。
9月に入っても、まだ残暑が続きました。
8月から多目的ホールに
大型扇風機を2台増設し、最大3台同時に
ご使用いただけるようになりました。
またトレーニングルームにも、
1台増設いたしました。



ご使用いただくと、室内に空気の流れができ、
冷気を拡散するようになります。
ダンスなどで体を動かしたり、
大勢でのご利用時など、
室温が暑く感じられるときは、
是非ご活用ください。
ご不明な点は、受付まで
お気軽にお問い合わせ下さいませ。




利用者の方の『冷房が直にあたって寒い!』
との声にお応えし、
7階の702会議室にハイブリッドファンを
装着いたしました。
エアコンの空気の流れを
攪拌(かくはん)して、冷房効率をUP !!
部屋の暑いところと寒いところの
格差を少なくしました。



早いところでは今年3月から、
8階の部屋のガラス窓に
遮熱シートを敷設してあります。
太陽光の約40%を遮断して
熱の流入を減らすとともに、
断熱効果を上げて冷房効果を高めるもので、
単なるガラス窓に比べ
部屋の温度を3度程低く保てます。




お蔭様で、
この猛暑の中でも
特段に『暑すぎる!』との言葉は
いただいていない状況です。
みなさまの省エネへのご協力に
感謝しております。

8/25(日)『匠の小学校』を開催いたしました。2013年08月25日

匠の小学校ボランティアスタッフの方から、
頂いたメールを
以下に紹介させていただきます。

― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ―

昨日は興味深い体験を
させていただいと思います。
大工さんに興味を持つのは
男の子が多いのかと思いましたが
そうでもないんですね。

 

 


女の子が多いのには驚きました。
何人かのチビッコと
木くず遊びと椅子づくりをしましたが、
特別に印象に残った
女の子がひとり居ました。

ふと気づくと彼女は独りで
一心不乱に15センチくらいの
平らな板の四隅に丸棒の脚を4本つけて、
お人形さんを寝かせるベッドを
作ろうとしているのか。
長い丸棒から
4本の脚を切り出す工程に
オジサンは感激。

 

 

 


1本目の5センチくらいの脚を
残りの長い丸棒に当てて
寸法を合わせて、
のこぎりで2本目を切り出そうとしている。
でも丸棒がグラグラして
上手くのこぎりが引けない。


「オジサンがおさえててあげるから・・」
とオジサンが介入。
「半分くらい切れたら、
少し棒を回転させるといいよ」
「最後はのこぎりをゆっくりと
優しく引いて・・よし、できた」

 

 

 

3本目、4本目は指示せずとも
自分でできる吸収力に感激。
4本の脚を平板に当ててみると、
長さが違っているせいか
グラグラするので、
サンドペーパーによる修正を教える。
飲み込みの速さ、
サンドペーパーの上手な使い方に感激。

いきなり組み立てずに
仮組と修正はものづくりの基本。
次に釘で固定する。
玄能(トンカチ)の器用な持ち方と
振り方にまた感激。

次々と作業工程をこなしてゆく
スピード感にも感激。

 

 

 


作業中に一度も顔を上げなかった彼女が、
最後にニコッとして
「ありがとうございました」
と嬉しそうに作品を抱えて行きました。

彼女は頭の中で
完成のイメージを持って事に当たっている。
そのための部品加工手順と
組立手順の構想ができている。
新しい技法を習得し
すぐに自分のものにしている。

他者に対するシャイな感じは
将来エンジニアか大工か。
センスとか才能は
小さい頃からあるんですね。

(以上、『ボランティアスタッフ手記』)

― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ―

 

 

 


(匠の小学校は、)
会館開設史上ギネス(であろう)
述べ1000名以上の親子連れの皆さんに、
ご参加いただきました。

当日は、当方の運営体制の
まずさから多くのお客さまを
お待たせするなど課題も明るみに出ました。
用意周到であったハズですが、
“想定外”でした。

 

 

 


想定外は、
嬉しい成果も生みました。
未来を担う500人を超える子供達に、
様々なものづくりの
体験をしていただくことができました。

この場を借りて、
深くお詫びと感謝を申し上げます。

(『技文メルマガVol.29「館長より」』文章から一部抜粋)

>>館長よりバックナンバーはこちら
― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ―

 

 

 


子どもたちに
笑顔と楽しい思い出を
作ってもらおうと
我々は意気込んで
『匠の小学校』に取り組みました。

職人さんに教わりながら、
ものをつくる工程で笑顔見せている
お子さんの横で、
体験したかったものが出来ずに、
泣きながら帰られるお子さんを見て、
本当に申し訳ない気持ちで
いっぱいになりました。

 

 

 


当日、雨模様にもかかわらず、
ご来場いただいた沢山の皆さま、
当日の慌ただしさの中で、
大変なお力添えをいただいた
ボランティアスタッフの皆さま、
「大忙しだよ!」と汗をかきながら
笑顔を見せていた
横浜の職人の皆さま、
本当に本当にありがとうございました。

今回の気持ちを忘れることなく、
改善すべきものに目を背けることなく、
しっかりと省みながら、
また新たな取組みに当館は
チャンレジしていきます。

今後とも、横浜市技能文化会館を
どうかよろしくお願いいたします。

 

 

技文便り「館長より」会館□■□技文便り□■□”Vol.28”館長より 2013/8/252013年08月25日

『「こころ豊か」であること』

市民の皆さま、
いつも当館をご利用いただきありがとうございます。

夏の風物詩、高校野球が終わりました。
お天気と同じく熱い熱い戦いが連日続きました。

私は、高校野球の大きな魅力の一つに、
選手の「姿勢」があると思います。

一打逆転のピンチにもかかわらず、
“笑顔”でマウンドに集まり、円陣を組み、
チーム一丸で乗り切ろうとする姿勢。

試合途中に行うグラウンド整備の方々に
“全員で深々とお辞儀をして感謝の意を表す”
大差で負けているチームの姿勢。

日常生活では余り見られない清々しい行為に
観る私たちも心洗われます。

スポーツにおける選手の心理状態と成果の関係を
研究した学問が、応用スポーツ心理学です。

そこでは、
「精神状態と結果には密接な因果関係が存在し、
 心の機嫌のいい状態、こころ豊かな状態こそが
 最高のパフォーマンスを引き出す」
ということを明らかにします。

応用スポーツ心理学の視点で球児達の姿勢を観察すると、
「ピンチの時でも、負けている時でも、
 あえて選択する笑顔や感謝の姿勢で
 こころの機嫌をとり、最高のパフォーマンスを
 発揮しようと試みている」
と読み取れます。

これは、
嬉しい事があったから笑顔になる。
何かしてもらったから感謝する。
こととは根本的に異なり、
周りの環境(チャンス、ピンチ)に関わらず、
自らの意思を持って笑い、感謝する、ことです。

厳しい時、苦しい時こそ笑顔でいる。
心が折れそうな時こそ感謝する。

起きることの全てに感謝していれば、
感謝すべきことしか起こらない、そうです。

人生というパフォーマンスを向上させる
「こころ豊か」へのヒントかもしれません。

平成25年 処暑

― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ―

館長メッセージが掲載されている
メールマガジン『技文便り』の【登録はこちら】

会館8/24(土)『匠の小学校』は明日”8/25(日)”に開校です!2013年08月24日

明日8/25(日)10:00~16:00
当館2階多目的ホールにおいて
『匠の小学校』が開校します!




当館スタッフ”手づくり”のイベントです。
一人でも多くのお子さんたちに、
笑顔で楽しんでいただきたいと、
スタッフ総出で
会場の設営準備に励んでいます。



夏休み最後の思い出づくりに、
みなさんぜひ遊びにいらしてください。



体験できる職業は5つ!
・スクリーン印刷職人
・畳屋さん
・左官屋さん
・大工さん
・マッサージ師さん


横浜の職人さんと
当館スタッフ一同が
皆さんに”手づくり”の楽しさと素晴らしさを
知っていただきたいと力を合わせます。


なお、
明日の会場は混雑が予想されますので、
お早めにお越しください。
誠に申し訳ないのですが、
材料がなくなり次第、
受付を終了させていただくことがございます。



皆さまのご来場を、
心よりお待ちしております。

”8/25(日)はみんなで
 「匠の小学校」に集まれ!! ”



会館子どもアドベンチャー2013”大工さんのノコギリ・カンナ削り体験”ご来場の皆さまへ2013年08月20日

混雑が予想されますので、
お早めにお越しください。

なお、大変申し訳ございませんが、
材料がなくなり次第、
受付を終了させていただきます。

皆さまのご来場を、
心よりお待ちしております。

※8/21追記:更新
  本日はご来場いただき、
  誠にありがとうございました!
  8/25(日)の『匠の小学校』で、
  皆さまをお待ちしております!

農園8/18(日)夏の技文農園には、真っ赤な実が続々と!2013年08月18日

今年は猛暑で炎天下に出ると
めまいと頭痛で熱中症になりそうですね。
終戦記念日が過ぎ、
いよいよ収穫の頃となってきました。
技文農園には、夏らしく赤い野菜が
たくさん実をつけました。





●トマト
収量は多くはありませんが
小粒で皮の厚いものが出来ました。




●ハバネロ
原産は、中央アメリカから
南アメリカでとても辛いことで有名ですね。
2007年に「暴君ハバネロ」という
スナック菓子が出て一躍有名になりました。




ハバネロは世界で最も辛いと
いわれていましたが、
2007年にインド・バングラデッシュで、
ブートジョロキアという
さらに辛い品種が発見されました。




おそるおそる少し食してみましたが、
辛いというより、
唇が熱くなり、手指も
ちょうど筋肉パップ剤を貼ったときの
ようになりました。







●韓国唐辛子
順調に実がなりつつあります。
これから赤くなってくると思いますので、
まだ、とらないで
そのままおいておいて下さい。

くらし8/13(火) 【くらしの学校】手づくりの梅干講座の「梅」を干しました!2013年08月13日

6/30(日)、7/14(日)と2回に分けて
【くらしの学校】手づくりの梅干し講座を
開講しました。
2回目では赤紫蘇を加えて、
梅干しらしくなってきました。
赤紫蘇は梅と同様、
季節ものなので7月中旬のこの時期が
過ぎると店頭からも姿を消します。


今回は梅に加える以外に、
しそジュースとしても調理しました。
水で良く洗い、煮ます。
煮ていくうちに、赤紫色だった葉は、
緑に変化します。
煮立ったら、砂糖と米酢を加えますが、
米酢を加えると
とても綺麗な赤紫色になります。


しそジュースは常温で
1年以上の保存が可能で、
4~5倍の水や炭酸でいただきます。
この時期、身体に染み入る
とってもスッキリとして美味しい飲み物です。
手軽に作れ、花粉症予防にもなるそうなので、
みなさんもぜひ
お試しになってみてはいかがでしょう?


さて、梅干しです。
赤紫蘇を加えてから2週間程度、
通常だと梅雨明けのタイミングで
梅を干します。
今年の梅雨明けはとても早く
いつ干しても良い状態でした。
それが遅れた原因は、ゲリラ豪雨です!
週間天気予報から干す日を決めていても
夕方になると雲行きが怪しくなること
たびたびでしたが・・・
ようやく梅を干せました!


いつの間にかお盆です。
これから3日3晩、外気を浴びて、
いよいよ梅干しになっていきます!
そして、5日4晩後、
ようやく出来上がりました!

すっぱーいっ!!でも、美味しい、
愛しい、今年の梅干しです!


技文便り「館長より」会館□■□技文便り□■□”Vol.27”館長より 2013/8/102013年08月10日

『温故知新(その2)』

市民の皆さま、
いつも当館をご利用いただきありがとうございます。

ユーミンにサザン。
言わずと知れた大ミュージシャンです。
我々世代には、青春の思い出と重なります。
最近、彼らの活躍が(いつものように)目に触れます。
でも何故か、「いつも」と違う感じがします。

デビューアルバムのタイトル曲が40年の時を超え、
今夏の宮崎アニメ主題歌で蘇るユーミン。

デビュー当時の「昭和」を代表する野球スターと
タバコの銘柄の題材を素晴らしいメロディーに乗せて
5年ぶりに復活したサザン。

共に時代を過ごした私たちは、
彼らの活躍に「原点」の匂いを感じます。

何故、そのように感じるかは全く持って不明ですが、
(前号に続き独断と偏見を許されるなら、)
そこに、時代を超えてなお支持される「何か」が
あるように感じるのです。

新たなモノを生み出し続けた結果、原点に戻る。
原点にこそ道理がある、という仮説です。
進化・深化し続けるアーティストこそ、
現在(いま)と過去(原点)を行き来しながら
未来を創っていく、と。

温故知新とは、古きにこそ新しきモノがある。
それは、時代が変わった(経った)からこそ
見えてくるものかもしれません。

この夏、私たち、技能文化会館では地元職人さんの
手仕事を子供たちに体験いただくベントを開催します。
(詳細はコチラ)

手仕事とは、仕事の原点です。
企業社会の発達やIT化に伴い、働くこと、
報酬を得ることの実感が乏しくなる昨今、
まさに「はた(傍:そば)」を「らく(楽)」にする
ことが「手仕事」。

仕事の原点を未来を創る子供達に体験いただく。
有名アーティストに負けじと取組む当館の姿勢です。

ユーミン、サザンに、技能文化会館。
日本の夏、原点の夏をお楽しみください。

平成25年 立秋

― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ―

館長メッセージが掲載されている
メールマガジン『技文便り』の【登録はこちら】

会館8/9(金)職人発!横浜発!セレクト品販売コーナー開始!2013年08月09日

1階 匠プラザ入り口にて、
”技文の売店”こと
『Petit(プチ)技文市』がはじまりました!




職人発!横浜発!のセレクト品を揃えました!
◆自然・安全の食の『自遊人』より
  「無添加贅沢おかき/ちょっぴり贅沢味噌/
  無添加すりおろしにんじんジュース」
◆創業安政四年『岩井の胡麻油』の
  「胡麻油/胡麻辣油/ねり胡麻」
◆浜生まれ、浜育ち『横浜醤油』の
  「たべるしょうゆ/ハイ辛醤」
◆焼きたて煎りたて作りたて
  『美濃屋あられ製造本舗』の
  「スモークピー柿/横濱ビア柿/横浜ナポリタン」


ぜひ、当館にお立ち寄りの際は、
"手づくりの良さにふれる"
"地元の良さを知る"
"地元と人をつなぐ"
1階販売コーナーまでお越しください!

【詳細はこちら】

会館8/8 料理研修室の道具が一覧表になって、わかりやすくなりました! 2013年08月08日

当館の601料理研修室には、
190種類を超える様々な料理道具を
取り揃えております。
その道具を一覧表にして、
必要な道具をお探ししやすくしました!



ホームページ
「貸室案内」の貸室紹介ページ、
601料理研修室
「貸出調理器具・食器カタログ一覧PDF」
ご覧下さい。
お部屋をご利用の際、
お荷物の軽減にもなりますので、
是非ご活用下さいませ!


例えばこんな道具があります…
・ずん胴鍋
 ・・・スープなどをたくさん作るときや
    茹でる物が沢山あるときに
・親子丼用鍋
 ・・・丼ものを作るときに
・雪平鍋
 ・・・煮物、茹で物、出汁を作るときに
・両手鍋
 ・・・カレーや煮込みのときに

道具の詳細などは
受付までお問い合わせください。
皆様のご利用をお待ち致しております。

くらし8/7(木)「7/11初級フードアナリスト講座」ライター体験レポート!2013年08月07日

7月11日、横浜市技能文化会館で開催された「初級フードアナリスト講座」。
クラスの内容や雰囲気を
“食べることは大好き”だが、“まだまだ勉強中”の
ライター・松宮がレポートする!


講座が始まる18時半前、教室に到着。
受講者は若い女性から年配の男性までと幅広く、
熱気にあふれている。
と、ここで18時半になり、2時間の講座がスタート!








講座は大人気で教室は満席!





先生によると、フードアナリストという資格は「できて8年」。
フードアナリストとは
“食べてのプロ”
“最終ユーザーの気持ちから食に携わる有資格者”と
説明してくれる。








講座で使用した教科書




まずは「世界の三大料理」など、
基本的なことから学んでいく。








世界三大料理=フレンチ・中華・トルコ





・・・ここまではなんとかわかる!
続いて「世界の三大珍味」について。
「世界の三大珍味」は“トリュフ・フォアグラ・キャビア”。
・・・取材以外では「食べることがない」高級素材だが、
これもなんとかわかってホッと一安心!。


が、次に「世界の三大フルーツは?」と受講者に尋ねる先生。


・・・“松宮的三大フルーツ”は「桃・梨・マンゴー」だが、
「世界の三大フルーツ」ってなんだろう?


正解は「マンゴー・マンゴスチン・チェリモア」。
・・・マンゴーやマンゴスチンは聞いたことがあるが、「チェリモアは初耳」。
食べてみたら「どんな味なんだろう?」と興味津々!


講座では「南イタリア料理はオリーブ油やトマトを使用する」、
「北イタリアは乳製品を使用し、味が濃い目」など、
「同じ国でも地域により味が違う」ことを学ぶ。
地理的な勉強にもなり、おもしろい。


2時間の講座はあっという間に終了し、最後にテスト!
・・・習ったことを思い出し、回答していく。


・・・講座レポートをするのに
「落ちたらどうしよう?」とドキドキしながら、「待つこと数週間」。








認定書が届いた!




・・・なんとか合格し、ホッと一安心した松宮だった。


講座を受けた感想:
「初級フードアナリスト講座」は
“食べ物の基本的な歴史や地理的背景”などを
学ぶことができておもしろかった!
テストはドキドキしたが、授業を集中して聞いていれば「大丈夫」。
食べ物に興味のある人なら誰でも楽しめると思う!


-----------------------------------------------------------------------------------------------
ライター:松宮史佳
「食べる」「飲む」「踊る」のが好きな本能のままに生きるライター。
翻訳業などを経て偶然パーティーで雑誌編集長に出会い、フリーライターの道へ。 
現在は横浜のローカルサイト「はまれぽ」や飲食サイトにて活動中。
華麗で優雅なライター生活を目指しているものの、
来る依頼はナゼか「バンジー」「わんこそば」「潜入レポ」。
2013年の目標は「豪華客船やゴージャスなホテルの宿泊レポート!」
横浜のみならず、全国各地に突撃すべく企画を考案中。
◆フリーライター松宮史佳のホームページ
http://fumikamatsumiya.cloud-line.com/blog/
-----------------------------------------------------------------------------------------------


《会館からのお知らせ》
8/31(土)に、フードアナリスト4級講座を開催いたします。
初級をご受講されて、ご興味をお持ちになられた方も、
「食の専門家」として必要な食に関する基礎知識を学ばれたい方も、
ぜひふるってご参加ください。
【お申し込みはこちら】