会館

会館11/21 サンタさんからプレゼント!2012年11月21日

1階の匠プラザ前に、
少し早くクリスマスツリーを飾った当館に、
サンタさんから早めのプレゼントが届きました。


財団法人日本宝くじ協会様から、
ベビーカーと車椅子が1台ずつ寄贈されたのです。


当館をご利用される皆さま
車椅子やベビーカーの使用をご希望の際は、
1階匠プラザ内受付にお気軽にお申し出ください。
皆さまのご利用をお待ちしております。

会館11/12 貨室の付帯設備に書画カメラを導入!2012年11月12日

書画カメラ(実物投映機)はパソコン不要で、
紙資料などをそのまま簡単に投映することが
できます。是非、ご利用ください。
※ご利用には、プロジェクターが必要です。


ご利用料金は以下のとおりです。
①書画カメラ(単品)
 1,000円
②書画カメラ+PCプロジェクター(セット)
 2,500円
皆様のご利用をお待ちしております!

技文便り「館長より」会館□■□技文便り□■□”Vol.09”館長より 2012/11/102012年11月10日

『人は大豆』

市民の皆さま、
いつも当館をご利用いただきありがとうございます。

前回の発酵食品に続き、またもや大豆の話題です。

先日、当館主催事業「匠の学校」で手作り豆腐に
挑戦しました。

製造工程としては予想外にシンプルでした。
(詳細は【こちら】をご覧ください)
しかし、、、、
大豆のつぶし方、火加減、混ぜ方、にがりの入れ方、
“かくはん”のさせ方など、各工程ごとに微妙な
さじ加減で味も品質も大きく異なり、
作る人によって十人十色の味に変化。
まさに作り手=職人さんの経験と勘が
豆腐の味と品質を左右します。

更に驚いたことは「捨てるものがない」こと。
作る過程から、豆腐以外に湯葉、豆乳、おから、
が生まれます。
唯一捨てる「“かくはん”しなかった水」も
これで白木を磨くとピカピカになるそうです。
たった一握りの食材から、これほどの食品と用途を
引出した先人の知恵に脱帽です。

前回は味噌醤油など発酵食品、今回は豆腐と、
古来より伝わる大豆の食品加工技術を話題にしました。

共通するのは、
「素材(大豆)の魅力を余すことなく引出す」
「全てを無駄にしない。捨てない、大切に利用する」
「人の経験と勘が仕上りを左右する」
ということ。

ふと、素材(大豆)を「人材」に置き換えたら、、、、

「人材の魅力(可能性)を全て引出す」
「人材を無駄にせず、人材を大切にする」
「経験と勘によって人材は磨かれる」と。

私たちは、
「人が手間と隙をかけることにこそ、現代という難しい時代を
 生き抜く技と知恵がある」
と信じています。

皆さんはどのようにお感じになられますか?

平成24年11月

― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ―

館長メッセージが掲載されている
メールマガジン『技文便り』の【登録はこちら】

技文便り「館長より」会館□■□技文便り□■□”Vol.08”館長より 2012/10/252012年10月25日

『腐敗と発酵』

市民の皆さま、
いつも当館をご利用いただきありがとうございます。

当館主催事業「くらしの学校」で人気を博している企画に
『麹クッキングシリーズ』があります。
昨今の塩麹ブームがキッカケとなってか大変人気です。

麹とはカビ菌の一種で、タンパク質を栄養素として分解して
様々な酵素を出します。
肉を柔らかくしたり旨味を引出したり、これも酵素の働きです。
近頃では、消化にもよく健康にもいいことが分かり、生酵素
なるものも販売されています(私も愛飲しています)。

これらは、全て発酵技術です。食品を腐らせて(腐敗)、
別物へと「進化」させます。
味噌、醤油、食酢、みりん、清酒、焼酎、泡盛、漬物など、
基本食材(米・麦・大豆など)があれば、何でもできる。
高温多湿の日本の風土にあって食品の保存にも適し、
栄養学的にも優れている、まさに生活必需の万能技術です。
それが、見えないカビ菌(麹)による腐敗の力だとは、
感動すら覚えます。

一方、
現代の私たちは、「菌」「カビ」と聞くと忌み嫌います。
昨今の無菌、除菌ブームが代表例で、なんでも除菌です。
昔に比べ世の中は衛生的になっているように思えますが、
アレルギーや花粉症など現代人の耐性が低下しているように
感じてしまうのは私だけでしょうか?

ある方から聞いた話ですが、
無菌除菌のやり過ぎは、善玉菌までも殺してしまい、
生物本来の耐性を低下させるそうです。
目には見えませんが、菌も生き物なのです。
そう、人間や動物と同じように、自然、この世界を
構成し調和させる生物なのです。
私達の身体の中、特に腸内には何千種類という菌がいるそうです。
(ちなみに、ウィルスは生き物ではありません)

「腐敗」が「発酵」につながると気づいた昔の人は
「菌が生き物であり自然の一部である」
と知っていたのではないか、私はと思いました。
だからこそ、菌を廃除するのではなく「うまく利用する」
「付き合おう」「取り込もう」として、発酵という叡智を
生みだしたのではないか、と。

当館は、
「人が長い年月をかけて創り出した技能・技術には、
 現代という難しい時代を生き抜く技と知恵がある」
と思っています。

菌、カビ、麹、、、全て見えない力(発酵と腐敗)を
持っています。
昨今の除菌ブームと麹ブームに
皆さんは何をお感じになられますか?

平成24年10月

― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ―

館長メッセージが掲載されている
メールマガジン『技文便り』の【登録はこちら】

技文便り「館長より」会館□■□技文便り□■□”Vol.07”館長より 2012/10/102012年10月10日

『秋麗(うらら)』

市民の皆さま、
いつも当館をご利用いただきありがとうございます。

一時期、俳句短歌がブームになったことがあります。
短い文章、限られた字数にもかかわらず、
心に響く深遠なる世界。

これまた、ブームになりましたが、
○○川柳として一般の方からの応募で入賞を
決める企画が今でもあります。
その作品を読むと時節・時代を鋭く切り取った
描写力が光っています。

ふと感じるのは、
私たち日本人が、昔から短いこと儚(はかな)きこと、にこそ
奥深さを感じる民族だったように思います。

国学で有名な本居宣長は、日本人の本質を
“もののあわれ”と表現しました。
春夏秋冬、四季折々に移りゆくその一瞬の変化を
僅(わず)かであるがゆえに「美しい」「愛おしい」
と感じるその心だそうです。

だからこそ、短歌、俳句など短い言葉に
その儚(はかな)さを込めたのでしょうか。

季節は秋。
夏の一瞬の儚(はかな)さに思いを馳せつつ、
私も一句。

『秋麗(うらら) 瞬(まばた)きする間に うろこ雲』
*秋麗(あきうらら):良く晴れた秋の空

秋満載の当館をぜひご利用ください。

平成24年10月

― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ―

館長メッセージが掲載されている
メールマガジン『技文便り』の【登録はこちら】

会館9/29「技文フリーマーケット」開催2012年09月29日

9/29(土)
「技文(ぎぶん)フリーマーケット」を
開催いたしました。
初めてのイベントでしたが、
当日はたくさんの方にご来場いただきました。


当館も出店ブースを構え、
スタッフが持ち寄った服やCD、おもちゃ、
陶芸講座の陶器などの
リユース・リサイクル品を販売しました。


出店者やご来場のお客さまには非常に好評で、
「次はいつ開催されますか?」のお声を
たくさんいただきました。
スタッフも直接お客さまと会話を楽しみながら
販売をいたしました。


出店者・ご来場いただいた皆さま、
本当にありがとうございました。
よい品物に出会うことができたでしょうか?

次回開催を楽しみにお待ちください!

技文便り「館長より」会館□■□技文便り□■□”Vol.06”館長より 2012/9/252012年09月25日

『祭りと市』

市民の皆さま、
いつも当館をご利用いただきありがとうございます。

先日、「技文市」を開催しました。
地元技能職や会館事業関係者による手作り商品の販売を行い、
ずいぶん賑わいを見せました。

今月末(29日)には、フリーマーケットを開催します。
これも現代版の“市”です。

各所では、秋祭りで賑わっていましたね。
技文では、来月14日に技能“祭り”に出展します。

秋は“祭り”と“市”で盛り上ります。

古来、
五穀豊穣など生活の糧を天地自然、神仏に祈り感謝する場が祭り、
収穫物を皆で分け合い生活を支える場が市、
だったそうです。

品種改良などの科学技術がなく、
流通網が整備されていない時代には、
とても大切な場であったことは容易に想像できます。

祭りで、
一つになって神輿を担ぐ
一つになって踊る
一つになって楽しむ

市で、
お互いに足りない物を交換する
余分なものを分け与える
皆で一つの恵みを分かち合う

普段は、ばらばらである人と人とが
老若男女、立場・身分に関わらずつながっていきます。
身近な場所で人が出会いつながり合う場が
四季折々の“祭り”や“市”として生活に
根付いていたようです。

私たちは、古の思いに馳せながら、
技能文化会館らしい“祭り”と“市”を企画します。
新たな市民の皆さまと出会いつながる機会をと。
皆さんもつながってみませんか?

平成24年9月

― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ―

館長メッセージが掲載されている
メールマガジン『技文便り』の【登録はこちら】

会館9/15~18 「YIACP30周年記念展」2012年09月18日

9/15(土)~18(火)の4日間、2階多目的ホールにて
「YIACP30周年記念展」が開催されました。
『見ると楽し、作るも愉し』を合言葉に
横浜の「匠」の「技」の展示と体験です


アート・デザイン、工業デザイン、建築設計、
ラバースタンプ、ガラス工芸、ステンドグラス、
クレイアート、家具製作などなど、
画像をみるとそのバリーエーションの豊富さが
おわかりになるかと思います。


展示物は販売もされていて、
素晴らしい作品を間近で見て、
購入される方の姿も多くありました。


また、芝山漆器やステンドグラスなどの実演会、
体験コーナーもあり、来場者の方々は、
「横浜の匠の技」の素晴らしさとバリエーションの
豊かさに感心されていました。

会館9/15~16「技文市(ぎぶんいち)」開催2012年09月16日

9/15(土)~16(日)
「技文市(ぎぶんいち)」を開催いたしました。
職人の団体である横浜豆腐商工業組合、
神奈川県洋装組合連合会、横浜畳組合連合会、
また人気の会館講師など
技能文化会館に縁の深い方々に ご協力頂いた、
技能文化会館でしか手に入らない品々を
取り揃えた即売会です。

特に人気だったのが会館講座「麹クッキング」の
講師である日小田先生が厳選した
塩麹や味噌、出汁などの調味料です。
先生の指導の下、技文で漬けた梅干も好評でした
くらし日小田先生の講座

その日に届けられた作り立ての
お豆腐の美味しさにびっくり!
そのままでも大変美味しいのですが、
日小田先生お勧めの「あご出汁」をかけたお豆腐は
まさに絶品です。
日小田先生が厳選した調味料は
9/29(土)技文フリマ

10/14(日)技能まつりでも販売予定です!

普段なかなか目にすることのない職人の作品など、
大変珍しい商品の数々は大好評となりました。

初の試みでしたが、
たくさんの方のご来場ありがとうございました。

会館9/12 休館日は?2012年09月12日

『毎月第2水曜日』は休館日です。
休館日は、お休みと思いきや、
スタッフ達は研修をしています。
今回は、横浜市消防局の方のご指導のもと、
防災訓練を実施しました!


2階多目的ホールで、救助者が!!を想定して、
タオルケットを担架代わりに使用し、
『えっちらおっちら』と階段を降りていきます。
会館スタッフの真剣さ伝わりますでしょうか?


スタッフ全員で、
三角巾の使い方を教わっているところです。
頭部を負傷した場合の、
包帯代わりに使用する方法を教わりました。
三角の布の使い道は色々あり、勉強になりました。
館内常設の消火器も、新品に入れ替えです。


防災時の対処法や連絡方法について、
防火管理者である副館長の講義です。
このようにして、皆さまに安心してご利用いただける
施設の体制づくりをしています。

技文便り「館長より」会館□■□技文便り□■□”Vol.05”館長より 2012/9/102012年09月10日

『終わりの始まり』

市民の皆さま、
いつも当館をご利用いただきありがとうございます。

9月になりました。連日猛暑が続きますが、
朝夕は少し過ごしやすくなったように感じます。
夏も終わります。暦の上では季節は秋です。

当館の夏は、
しごと支援センター主催の若者向け合同就職説明会を皮切りに
親子向け『匠の学校』3講座、『子どもアドベンチャー』、
お馴染みの『パソコン講座』『くらしの学校』の麹クッキングなど、
延べ1000名にも及ぶ市民の皆さまにご来館いただき、
例年になく活況を呈していました。
明日を担う若者の真剣な眼差し、
ものづくりの世界に触れる子供たちの笑顔、
ご来館者さま同士の心弾む会話などが忘れられません。

また、
毎週金曜日の職員による浴衣を着てのおもてなしや
朝顔、風鈴、など季節感のある飾りつけを施した受付。
何人かのお客さまから、直接お褒めのお言葉や好評をいただき、
ささやかな感動を味わいました。

その夏も終わり秋を迎えます。

中国古来の老荘思想の一つである易経にある陰陽の考えとは、
終わり(陰)は始まり(陽)であり、始まりは終わりであり、
その生々流転の流れそのものが世界である、としています。
“終わり”との語感には寂寞の思いを感じますが、
既に新たな萌芽(始まり)の躍動でもあります。

当館では、夏に引き続き秋ならではの企画をご用意しています。
『匠の学校』では、ブラウス作りが始まります(22日、29日)。
今月の連休には、職人さんの手作り作品を集めて
初めての『技文市』を開催します(15日16日)。
最後の週末(29日)には、『フリーマーケット』にチャレンジします。
(出展者募集中です)
既に新しい試みが始まっています。

季節と共に変化し続ける技能文化会館にご注目ください。

平成24年9月

― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ―

館長メッセージが掲載されている
メールマガジン『技文便り』の【登録はこちら】

会館10~12月講座受付を開始いたしました!2012年09月03日

10月からの講座受付を開始しました!
当館入口にも、講座一覧を掲示しています。
ぜひご覧ください。


10月からスタートする講座では、
【くらし】新企画!男の料理教室

【キャリア】リニューアル!ビジネス文書

【キャリア】内容充実のビジネスマナー講座

【キャリア】パワーアップ!パソコン講座実践編
などなど、各講座新たなラインナップを
ご用意しています。
みなさまのお申込をお待ちしています!

会館浴衣DAYも最終日を迎え、9月になりました!2012年09月02日

8/31(金)浴衣DAY最終日に、
会館スタッフで集合写真を撮りました!
また来年も、
みなさんと浴衣姿で会えることを
楽しみにしています!


あっという間に、9月ということで
会館の装飾もすっかり秋色です!
文化の秋・実りの秋・学びの秋です!


館内掲示も、受付入口にも
ススキ・紅葉・柿・栗などの
秋の景色を散りばめてみました。
まだまだ暑い日が続きますが、
少しでも秋の気配を感じていただければ、
嬉しいです。

会館ご利用者のみなさんと夏の思い出を共に・・・2012年09月01日

8月も終わり、夏休みを終えた
お子さんたちも多いと思います。
今年は多くの親子参加企画を実施いたしました。
ダンボールハウスのロボットも
子どもたちの思い出になったでしょうか?


浴衣DAYの日に、スタッフ会議をしている様子です。
講座やセミナーの参加者や貸室ご利用者の声などを参考に、 みなさんに喜んでいただける企画や、
愛される技能文化会館を目指して、
常に試行錯誤の毎日です。


アンケートに記入いただいたみなさんの声は、
私たちにしっかりと届いています。
いつも当館をご利用いただき、
誠にありがとうございます。
今後もみなさんと共に楽しめる企画を、
実施していきます!
楽しみにお待ちください!

技文便り「館長より」会館□■□技文便り□■□”Vol.04”館長より 2012/8/252012年08月25日

『見えないつながり』

市民の皆さま、
いつも当館をご利用いただきありがとうございます。

夏も終盤です。オリンピックの感動に沸いた夏でした。
サッカー、バレーボール、アーチェリー、フェンシング、卓球など
団体競技に「これぞニッポンの団結力・チーム力」を
感じた方も多かったのではないでしょうか?

中でも私は、史上最多のメダルラッシュとなった
個人競技の最たる水泳に、です。

最後のメドレーリレーを控えた入江選手の
「最後の選手がタッチするまで、27人のリレーは終わらない」
「声を枯らしてまで応援してくれる仲間の存在に感謝」
とのコメントに、個人の戦いであっても、
選手同志に確実に存在する
目には見えない“何か”を感じました。

現在、技能文化会館及びしごと支援センターには、
20数名の職員が働いています。
私たち以外に、行政関係者、弁護士、社労士、技能職の方々、
テナントの方々、警備・駐車場管理・館内掃除・貸室準備・
施設設備メンテナンスのスタッフなどなど
当館を円滑に運営するためにご協力いただいている関係者は、
ゆうに職員の数倍、100名は軽く超えるでしょう。

私たちは、全ての方と面識がある訳ではありません。
しかし、直接間接、面識の有無に限らず、
彼らの誰が欠けても、運営に支障をきたします。
多くの方々に支えられて当館の今があります。       
言わば、これもチームかと。

昨年の漢字にもなった「絆」という文字。
糸へんに半と書きます。   
半分になった糸をつなぐ見えない何か。
それが絆でしょうか。

私たち職員全員の名札には、技文らしく「絆」と書かれた
刺繍で作ったワッペンを貼り付けています。
見えない何かを信じ、感謝するためです。
私たちは、チームの力を信じ、チームの力で
会館サービス向上を目指します。

技文ならではのチーム力に今後もご期待ください。

平成24年晩夏

― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ―

館長メッセージが掲載されている
メールマガジン『技文便り』の【登録はこちら】

技文便り「館長より」会館 □■□技文便り□■□”Vol.03”館長より 2012/8/102012年08月10日

『人は感動』

市民の皆さま、
いつも当館をご利用いただきありがとうございます。

先月より、当館主催事業「匠の学校」が始まりました。
地域の職人による“ものづくり”の面白さを市民の皆さまと
共有することが目的です。
当館では、地域の明日を担う子供たちに少しでも届けば、と
親子向けの企画を夏休みに集中的に展開します。

その現場では、職人が自分たちの仕事を
一生懸命、子供たちに説明しています。
お世辞にも、話はうまくありません。
しかし、
一たび実演を見せる段になると、一変します。
何かが降りてきたかの如く人が変わり、
いつの間にか周りの子供達もぐんぐん惹きこまれている。
そして、自分でやってみる。

「できた!」
「楽しい」「うれしい」「感動した」

ものづくりの醍醐味を味わっていただいている、
と実感する瞬間です。

オリンピックもいよいよ終盤。
期間中、ニッポンがんばれ!と
私も、涙ぐむことしきりでしたが、
メダルの色、結果の順位でなく、
そこに至る人のドラマ、人が真摯に打ち込むその姿に
私たちは感動を覚えます。

職人がものづくりに打ち込む姿勢には、
これに似た感動があるように思います。
匠の学校では、
人でしかできない体験、人でしか感じられない感動で
皆さまをお待ちしております。

ニッポンがんばれ!職人がんばれ!
ぜひ、応援ください。

平成24年盛夏

― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ―

館長メッセージが掲載されている
メールマガジン『技文便り』の【登録はこちら】

会館8/1(水)技文浴衣Dayがスタート!2012年08月01日

8/1(水)は花火大会。
街行く人々が浴衣を着る日に合わせ、
当館でも初の試みとなる浴衣DAYとしました。
当館の屋上からも大きな花火がよく見えました。
ドーンッという音とともに、
夜空に大輪の花を咲かせる花火はまさに
「夏」の光景です。


もちろん館長も浴衣で、執務します!
雪駄や草履を履き慣れていないスタッフたちは
足が痛くなり、サンダルに履き替えていました。


夏の間、毎週金曜日は浴衣を着たスタッフたちが
皆さまのご来館を心よりお待ちしています。

会館7/27(金) 夏の風物詩といえば?2012年07月27日

夏の風物詩として、
匠プラザ入口前に朝顔
1階受付の入口に風鈴
を飾りました。

風鈴の音色で涼しさや、
朝顔で季節を感じていただければ、
と思っています。

また、夏休みの期間、親子特別企画として
【匠の学校】を実施します。
【子どもアドベンチャー】では
大工さんと丸太のコースターを作ります。
夏休みの思い出づくりに、
ぜひ当館にお越しください。
横浜の職人さんと共に、
皆様のご来館をお待ちしております。

>>【講座情報】匠の学校はこちら


>>子どもアドベンチャー2012はこちら

技文便り「館長より」会館□■□技文便り□■□”Vol.02”館長より 2012/7/252012年07月25日

『館長より』

市民の皆さま
いつも横浜市技能文化会館並びに横浜しごと支援センターを
ご利用いただきありがとうございます。

梅雨が明けました。暑い夏がやってきました。

日本人は、昔から暑さ対策として、様々な知恵を絞って
いたようです。
打ち水、行水、手ぬぐい、すだれ、蚊帳、
風鈴、線香、花火、、、など夏の風物詩が代表例でしょう。

共通するのは、
「自然を活かす」こと
「人の五感(視覚、聴覚、味覚、触覚、嗅覚)に訴える」こと。

当館では、市民の皆さまにできる限り快適に会館を
ご利用いただけるよう、スタッフ一同、知恵を絞っています。

空調の温度調節や遮光など、一般的に考えられる手立て以外に、
人の力でしかできない、人でしか感じることのできない、
知恵です。

例えば、受付、エントランス部分に朝顔、風鈴など、季節を
感じていただく造作物を飾っています。
ご覧いただけましたでしょうか?

また、8月には曜日を決めて、一部スタッフが浴衣を着て
お迎えします。

人手を使った人が感じる快適さ。
当館ならではのおもてなしで、皆さまをお待ちしております。

平成24年 盛夏

― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ―

館長メッセージが掲載されている
メールマガジン『技文便り』の【登録はこちら】

会館オーディオルームにドラム・アンプセットが登場!2012年07月12日

オーディオルームに、
有名メーカーのドラムセットと
ギター・ベース・ボーカル用のアンプ
(キーボード、エレキバイオリンなどの楽器も
ご利用可)を完備!
ギタースタンド・キーボードスタンドもあります!


関内駅から徒歩5分
(伊勢佐木長者町駅から徒歩3分)の当館で、
仕事帰りや休日など、
存分にセッションをお楽しみください♪

会館7/11(水) 休館日に浴衣の着付けを習いました! 2012年07月11日

『8/1(水)は浴衣DAY!!』を合言葉に、
当館スタッフ全員で、浴衣の着付けを習いました。
はじめて浴衣を着用する男子は悪戦苦闘…
「一度帯を解いたら、
もう二度と着れる気がしない」
という言葉まで出る始末。

浴衣を着て、
スタッフ全員で集合写真を撮りました!
いかがでしょうか?

8/1(水)の第1回目をはじめとして、
夏の間これから毎週金曜日は
皆様を浴衣でお迎えいたします!
ご来館を心よりお待ちしております!

技文便り「館長より」会館□■□技文便り□■□”創刊号”館長より 2012/7/102012年07月10日

『「技文便り」創刊に寄せて』

市民の皆さま
いつも技能文化会館並びに横浜しごと支援センターを
ご利用いただきありがとうございます。

今回、メールマガジンを創刊するにあたり、
当館の設置目的である
「技能職振興」「勤労福祉増進」「就労支援」
に流れる共通のテーマについて書き記します。

私たちは、
~人が手間と隙(ひま)をかけることにこそ、
 現代という難しい時代を生き抜く技と知恵がある~
と信じています。

効率性・生産性・競争優位の現代にあっては、
簡単・便利・安価であることが重宝されます。
一方、
人手を使って手間隙かけたものには、
それらにはない“驚き”と“感動”、
そして、なにより“愛着”が生まれます。

私たちは、“人手”をかける、
 ものづくり、
 くらしづくり、
 社会に役立つ人づくり、
を通じ、
地域社会(経済・市民生活)を活性することを
私たちの使命と考えています。

行政サービスに驚きと感動を!
新しい時代の社会起業家集団として
皆さまに愛される技能文化会館を実現していきます。
どうぞ応援ください。

平成24年7月吉日

― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ― ・ ―

館長メッセージが掲載されている
メールマガジン『技文便り』の【登録はこちら】