技文レポート

技文便り「館長より」会館指定管理者変更のお知らせ2021/04/02

昨日、2021年4月1日より当会館の指定管理者が「株式会社明日葉」に変わりました。
運営体制が変更となるのはなんと10年ぶり!…ですが、
今後も思いは変わらず、皆様に愛される会館を目指していきたいと思います。
 
指定管理者変更に伴い、ホームページも少しずつ変化していきます!
メルマガやフェイスブック、ツイッターなども随時更新中!
最新情報をどんどん発信していきますのでお見逃しなく♪
 
今後の技文にどうぞご期待ください!
これからもよろしくお願いいたします!
 
 
令和3年4月2日

技文便り「館長より」□■□技文便り□■□”Vol.133”館長より 2021/3/172021/03/17

季節は進み、啓蟄から春分になります。
昼夜の長さも同じようになり、陽が伸びたことを実感しています。
そして、早いもので桜も開花しました。
11月から始まった4か月に及ぶ外壁工事も完了間近となり、
足場も解体され、窓から射し込む春の陽光は眩しいほどです。
 
いつも技文便りをお読みいただき、ありがとうございます。
 
2014年10月号より78通の技文便りを担当させていただきました。
6年半は長い気もしますが、毎月「館長待ち」状態のメルマガ原稿
でしたので、ひと月はあっという間というのが実感です(苦笑)
 
途中100号を迎えた際は、多くのお声を頂戴し、有難く温かい気持ちで
いっぱいになりましたことが思い出されます。
毎号、私たちの活動の一部をご紹介してまいりましたが
身近に感じていただけていれば嬉しいです。
 
技文便りの創刊号は8年半近く前です。次の思いでスタートしました。
----------------------------------------------------
私たちは、”人手”をかける、
「ものづくり くらしづくり 社会に役立つ人づくり」
を通じ、地域社会(経済・市民生活)を活性することを
私たちの使命と考えています。
行政サービスに驚きと感動を!
新しい時代の社会起業家集団として
皆さまに愛される技能文化会館を実現していきます。
どうぞ応援ください。
---------------------------------------------------
今後も思いは変わらず、”新しい生活様式”を取り入れながら
皆さまに愛される会館を目指し、技文のファンづくりを
実現していきたいと思っています。
 
指定管理者変更により一旦の区切りとなりますが、
また新号で再会したいと思っています。
技文便りを受信いただき、本当にありがとうございました。
そして、また、どうぞよろしくお願いいたします!
 
令和3年 春分
横浜市技能文化会館 山口亜紀

会館【講座レポート】横浜マイスター塾「リメイクで楽しむ帯の仕立て」最終回2021/03/06

 
5回連続講座の横浜マイスター塾「リメイクで楽しむ帯の仕立て」が
無事に終了しました。
 
完成の達成感は大きく、出来上がった帯を並べて
喜びの笑顔です!
もともとは着物の羽織だったり、バティックの一枚の生地だったり
服地だったものが、見事に素敵な帯になりました!
 
帯は長い布だからといって、ただ真っ直ぐに縫えばよいという訳ではなく、
見えない所で工夫や、計算が必要です。
直線だからこそ、歪みがでてくる面もあり
アイロンのかけ方、生地のひっぱり方など加減が素人には分かりません。
 
 
やはり、ピッタリ正確に仕上げるには職人の技が必要!!と
帯仕立ての難しさを実感されていました。
 
仕立ての工程で
「違う、違う」と初めの方は注意してていたマイスターも
だんだん形になり、理解しながら作業が出来るようになると、
「そういうこと、そういうこと」と認めてくださることが多くなり
スタッフも様子を見ていて、有意義な時間だな~と思いました。
1本仕立てるのに大変だった皆さまも出来上がったら
もう1本作ってみようかしら、と創作意欲にあふれていました♪♪
 
 
水守マイスター、ご参加くださった皆さまありがとうございました。